メニュー


みんなの様子



【保護者】2年生保護者対象ICT説明会



5月8日(土)2年生保護者対象の個人所有iPad導入に向けての説明会をオンラインにて実施しました。

 豊明小学校では約20年に及ぶ情報教育のあゆみと既に学校備品iPadを活用しての学習の蓄積がありますが、このたび、2021年度よりBYOD方式での個人所有を2・3年生より段階的に開始することとなりました。

今回の保護者説明会では、研究部が作成した『日本女子大学附属豊明小学校ICTガイドライン』に沿ってiPad1人1台体制で目指す豊明の学びと生活のかたちを保護者の皆様と共有しBYOD方式にどのような利点があるのか、準備する機種の条件、初期設定やフィルタリングの必要性等についてお伝えしました。 

ICT先進国では一括管理方式からBYODによるマルチデバイスの使用への移行が既に進んでいます。小学生であっても、教室の自分の机の上で筆記用具、タブレット端末、キーボード、電卓を並べて扱い、必要に応じて使用するものを選び学んでいます。「ICT機器は、特別な場面で使用する特別な道具」と捉えるテクノロジーファーストな状態からの障壁を取り払い、鉛筆や消しゴムと同じように身近にある当たり前の道具と捉えさせることが大切です。

本校ではICTを活用した教育において、特に家庭との連携が必要であり、責任を持って社会とかかわる人として子どもたちを育てていきたいと考えています。今後も今年度個人所有を開始する3年生も含めて説明会を進めながら、子どもたち自身が手元におく身近な道具としてのiPadを活用した教育を学校と家庭とが一枚の織物の縦糸と横糸を紡ぐように進めてまいります。

実施:2021年5月8日(土)