メニュー


成瀬記念講堂 耐震補強改修工事について



 目白キャンパスの成瀬記念講堂では、耐震補強工事を行っています。
工事の様子を紹介いたします。

 成瀬記念講堂は、1906(明治39)年に木骨レンガ造で建設されました。設計は清水組(現 清水建設株式会社)の技師・田辺淳吉。1923(大正12)年に関東大震災による被害を受けましたが、翌1924(大正13)年に板張りの壁に改修。1974(昭和49)年に文京区の有形文化財に指定されました。木骨トラスやステンドグラスなどは、明治の創建当時のまま使用されています。

 こうした文化財の工事では建築物の変遷を明らかにする調査を必要とすることから、単に改修補強するよりも時間を要します。



震災後の外壁は横張板としていたが、創立60周年である1961(昭和36)年の大規模改修の折に縦板張に変更となった。その変遷が釘跡から確認することができます。

講堂屋根の足場です。細心の注意を払って作業を行っています。



講堂内から見たステンドグラスです。とても美しく、間近で見ると圧倒されます。