メニュー


プレスリリースのお知らせ

成瀬記念館「国際人教育の原点-伝統の調理実習」展のご案内



 成瀬記念館では現在「国際人教育の原点―伝統の調理実習」展を開催しています。

 日本女子大学校では、1901(明治34)年の創立当初から、日本料理では赤堀峯吉が、西洋料理では当時華族会館の料理長を務めていた渡辺鎌吉(1903年~)が料理を教えていました。学生のノートには、中央亭や銀座とんぼ店、巴里コロンバン銀座店に料理の勉強に行ったことや、お正月料理や雛祭り料理、クリスマス料理やティーパーティーのメニューなどが美しいイラストとともに描かれています。明治期から受け継がれているクラシックな料理です。

 本展では、調理実習を受講した学生が記した明治・大正・昭和期の「料理ノート」の一部をご紹介するとともに、日本女子大学校創立当初から受け継がれてきた伝統のクリスマス料理を食品サンプルで再現しています。大切に保管されてきた「料理ノート」と伝統の料理をぜひご覧ください。

 



◆ 会   期 現在開催中~12月20日(火)
◆ 開館時間 10時~16時30分(土曜日は12時まで)
◆ 休 館 日 日・月曜日、祝休日
◆ 場   所

日本女子大学 成瀬記念館(目白キャンパス)
〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1 *駐車・駐輪不可

JR山手線「目白」駅下車 徒歩約15分またはバス
東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅下車(出口3)徒歩約8分
東京メトロ有楽町線「護国寺」駅下車(出口4)徒歩約10分
都電荒川線「鬼子母神」駅下車徒歩約10分

◆ 入 館 料

無料



【お問い合わせ先】
日本女子大学 成瀬記念館
Tel. 03-5981-3376 (月~金 9:00~17:00)