メニュー

文科省平成20年度「戦略的大学連携支援事業」
「5女子大学共同教職大学院運営モデルの構築」  



 本学が代表校を務め、5女子大学(大妻女子大学、実践女子大学、昭和女子大学、東京家政大学、日本女子大学)で取り組む「5女子大学共同教職大学院運営モデルの構築」が平成20年8月19日、文科省の平成20年度「戦略的大学連携支援事業」に選定されました。
 文科省の「戦略的大学連携支援事業」は国公私立大学間の積極的な連携を推進し、各大学における教育研究資源を有効活用することにより、当該地域の知の拠点として、教育研究水準のさらなる高度化、個性・特色の明確化、大学運営基盤の強化等を図ることを目的としています。
 「5女子大学共同教職大学院運営モデルの構築」事業は、「共同教育課程」という新しい制度によって設置する共同教職研究科を永続的かつ円滑に運営するためのモデルを開発し検証するのが狙いです。5女子大学は共同教職大学院の設置申請を視野に入れ、平等に教科・経費・施設・事務処理を分担し、各大学の特性と専門性を活かすべく運営モデル構築を進めてまいりました。
 しかし、残念ながら諸般の事情により、共同教育課程による教職大学院の設置認可申請を取り下げ、設置については構想を凍結することとなりました。本モデルは実稼働を行うには至りませんでしたが、今後、共同教育課程設置を目指す他大学への指針となることを願っております。

 
 詳細は、以下をご覧ください。
 「5女子大学共同教職大学院運営モデルの構築」ホームページ
 http://www5.jwu.ac.jp/gp/senryaku/