メニュー


シンポジウム「文学とグローバリズムの隙間」 



 一方では「グローバル」化しながら、他方では閉鎖的な価値観から他者を排斥し同一者のみの利益を守ろうとするナショナリズム・ローカリズムがむき出しになった今日の世界で、文学に何が可能であるか、一緒に考えてみませんか。





開催日

2019年 3月 9日(土)

14:20~16:40

会場

日本女子大学 目白キャンパス 成瀬記念講堂

目白キャンパスアクセス

目白キャンパスマップ

概要

【挨拶・司会】

◆高頭 麻子
(日本女子大学/フランス思想・文学)

 

【パネリスト】

◆平野 啓一郎
(小説家)

多様性へと開き、多様性を内在化させる文学

 

◆阿部 賢一
(東京大学/チェコ文学者)

翻訳されるテクスト、翻訳されないテクスト:中東欧の視点から

 

◆坂井 セシル
(パリ・デイドロ大学/日本近現代文学)

翻訳の可能性とアポリア―日仏の現場から

 

[休憩の後、フロアも交えてディスカッションを行います]

参加対象者 どなたでもご参加いただけます
参加費 無料
お申込み方法

事前申込不要

主催

日本フランス語フランス文学会 関東支部

日本女子大学 文学部 文学研究科

問合せ先

日本女子大学 文学部 史学科 高頭

TEL : 03-5981-3595

Email : takato@fc.jwu.ac.jp