メニュー


2017年11月28日 掲載



総合研究所研究課題64「ダンス史に残るマスターピース再現プロジェクト」公開研究会





日時

2017 (平成29) 年 12月 23日(土) 、24日(日)

13 : 00 ~ 18 : 00

会場

日本女子大学 目白キャンパス

新泉山館 大会議室

目白キャンパスアクセス

目白キャンパスマップ

概要

◆PART1

12/23(土)13:00-15:00

(トーク 定員40名)

映像にはダンスの何が写っている/いないのか?

濱口竜介と考える映像とダンスの関係・映像/身体を媒体に生まれる社会の形

ゲスト 濱口竜介氏(映画監督)

    川崎公平(映画研究)

    砂連尾理氏(振付家、ダンサー)

司会  木村覚(BONUS)

 

◆PART2

12/23(土)15:30-18:00

(ワークショップ 定員15名)

「トリオA」を研究してあなたのダンスを創作してみよう

ファシリテーター 神村恵(振付家・ダンサー)

サポーター    木村覚(BONUS)

 

◆PART3

12/24(日)13:00-15:00

(トーク+ワークショップ 定員20名)

中野民夫さんと観客×ワークショップの可能性を考えてみよう

ファシリテーター 中野民夫氏(東京工業大学教授)

サポーター    宮晶子(日本女子大学准教授・建築家)

 

◆PART4

12/24(日)15:30-18:00

(トーク+ワークショップ 定員20名)

不安と欠乏から「民主主義」を構想する

BONUS1月イベントに向けたプレイベントとして

ファシリテーター 砂連尾理氏(振付家・ダンサー)

         神村恵(振付家・ダンサー)

         篠田千明氏(演出家・作家)

サポーター    木村覚(BONUS)

参加対象者 どなたでもご参加いただけます 
参加費 無料
お申込み方法

事前にメールにてご予約ください

 

12月20日(水)までに以下のアドレス宛に氏名、連絡先(お電話番号)、予約人数と希望の回、例えば、「PART1」「PART2」あるいは「PART1、2、3」「PART1-4」などと明記してお送りください。早めのご予約をお勧めいたします。

 

BONUS.info00@gmail.com 

主催 日本女子大学 総合研究所 研究課題64
問合せ先

日本女子大学 人間社会学部 文化学科 木村覚

Email :Kimuras@fc.ac.jp