メニュー


公開シンポジウム「『知っていること』と『使えること』をつなぐ」





講演会

公開シンポジウム
「『知っていること』と『使えること』をつなぐ」

日時 2015 (平成27) 年 12月26日(土) 13 : 00 ~ 17 : 30
会場 日本女子大学 目白キャンパス百年館低層棟 206教室
講師

砂川有里子 (筑波大学・国立国語研究所)

太田陽子 (一橋大学)

清水まさ子 (国際交流基金日本語国際センター)

山本実佳 (国際交流基金日本語国際センター)

木田真理 (国際交流基金日本語国際センター)

江田すみれ (日本女子大学)

概要

 日本語教育で、学習者がある表現が使えるようになるには、その表現自身についての的確な知識が必要である。しかし、文法知識を持っているだけでは学習者はその表現を使えるようになるとは言えない。学ぶ時にはその表現の用いられる場面や発話意図などの「文脈」を意識する必要がある。

 本シンポジウムでは文法知識と習得という観点からの発表、初級教科書の文型提示のしかたの分析と教師研修における文法の役割についての発表を行う。

参加対象者 研究者・日本語教師・大学院生・学部生
参加費 無料
お申込み方法

下記フォームより事前にお申込みください


お申込みフォーム


主催 日本女子大学学術交流・日本女子大学大学院文学研究科
共催 日本語文法項目用例文データベース『はごろも』研究会
問合せ先

日本女子大学 日本文学科

江田すみれ Tel: 03-5981-3524