メニュー


東日本大震災にかかわる学生・卒業生の支援活動に関するシンポジウム
-災害後の家政学部の支援活動と女子大学の社会的役割-





日時 2015(平成27)年 3月 14日(土)13 : 30 ~ 17 : 00
会場 日本女子大学 目白キャンパス 百年館低層棟5階・506教室
概要

東日本大震災から4年余りが経過した。
家政学部が取り組んできた支援活動を振り返り、
今後果たすべき社会的役割について考える。


  • 家政学部の震災に関する支援の概要
  • 関東大震災時に行われた女子大生と卒業生の支援からみる社会改革
  • 家政学部による福島の子どもの生活環境を回復するための研究・支援
  • 福島と家政学部の連携の経緯説明
  • 原発事故後の福島の実状について
    「南相馬の保育園の子どもたち」
    「伊達市小国地区の取り組み」
  • 家政学部の教員が取り組む研究・支援
    「衣生活の視点から」
    「食生活の視点から」
    「子どもの運動能力の視点から」
  • 家政学部の学生支援に関する調査結果
  • 卒業生組織(日本女子大学教育文化振興桜楓会) による支援活動
  • 学生発表・コメンテーターからの講評

参加対象者 一般、学生
参加費 無料
お申込み方法 事前の申し込みは不要です。直接会場にお越し下さい。
主催 日本女子大学 家政学部
問合せ先 日本女子大学 家政学部長室
電話 03-5981-3400