メニュー

コーパス研究を踏まえた新しい日本語教育にむけてー何を活かすか、どう活かすかー

画像をクリックすると拡大します(PDF形式:682KB)

 

日 時

2014(平成26)年12月20(土) 13:00 ~ 17:30

会 場 日本女子大学 目白キャンパス百年館207教室
講 師 高梨 信乃(神戸大学
江田 すみれ(日本女子大学
増田 真理子(東京大学
堀 恵子(東洋大学・筑波大学
概 要 授業で取り上げたはずなのに、学習者がいつになっても誤りを繰り返す表現がある。これらについて、コーパス研究を踏まえた実態を紹介し、新たな教授法を提案する
参加対象者 学内関係者、学生、日本語教育関係者
参加費 無料
お申込み方法 公開シンポジウム申し込みサイトより
お申込み先 https://ssl.form-mailer.jp/fms/65566a33325792
主 催

日本女子大学学術交流企画・日本女子大学大学院文学研究科

共 催

日本語文法用例文データベース『はごろも』研究会

問合せ先 江田研究室 03-5981-3524