メニュー


日本女子大学国語国文学会秋季大会



画像をクリックすると拡大します(PDF形式:254KB)



日 時 2014(平成26)年11月29日(土)
午前の部 9:00~12:10  午後の部 13:30~17:30
会 場 日本女子大学 目白キャンパス
プログラム

【午前の部】 百年館低層棟6階 601・602教室 9:00~12:10

A会場
601教室(古典)

 スサノヲとオホクニヌシ―アメノヌゴト譚を通して―
   加野友理 氏

 『源氏物語』の女君と引歌表現―明石の君を中心に―
   望月美紅 氏

 『木幡の時雨』の冒頭部に関する一考察
 ―「衣通姫」「木幡」が持つイメージの摂取―
   伊達舞 氏

 伏見宮貞成親王と絵巻―日記に見る絵巻と貞成親王の周辺人物―
   剣持亜里沙 氏

 『平家物語評判秘伝抄』―『今大路家書目録』から―
   本学研究生 阿部美知代 氏

 荒木田麗女と野村東皐の関係―『月のゆくへ』序文解釈をめぐって―
   時田紗緒里 氏

 高井蘭山『絵本三国妖婦伝』について
   小野寺光 氏


B会場
602教室(近代・日本語教育)

 『蓬莱曲』―日本のルネサンス的人間
   時津あずみ 氏

 梶井基次郎『ある心の風景』と『冬の日』
 ―社会を見る目と生の希求―
   近藤のり 氏

 坂口安吾『続戦争と一人の女』における一人称女語りと「女」
   伊藤あや 氏

 安部公房『砂の女』の形式変化におけるテーマ変遷
   土屋優香 氏

 五島美代子最終歌集『花激つ』―自由律短歌の獲得をめぐって―
   濱田美枝子 氏

 接続詞教育の方法のモデルの提案
 ―学習者の「そして」の誤用分析を通して―
   呉ヒ藝 氏

 武田泰淳『風媒花』について
   李娜娜 氏

※所属が明記されていない者は本学大学院生


【午後の部】 百年館低層棟2階 206教室 13:30~17:30

 コーパスに基づく格外連体修飾形の研究
   本学文学部教授 田邊和子 氏

 昔話のおもしろさの秘密
   小澤昔ばなし研究所所長 小澤俊夫 氏

参加対象者

どなたでもご参加いただけます

参加費 無料 〈懇親会 会費 3,000円(学生 1,500円)〉
申し込み 不要
主 催 日本女子大学国語国文学会
問合せ先 日本文学科中央研究室  Tel.03-5981-3522