メニュー


国際シンポジウム 近世・近代における女性と移動の論理



画像をクリックすると拡大します。( 265 KB )


日時 2014 (平成26) 年 1月 25日(土) 13 : 00 ~ 17 : 00
会場 日本女子大学 目白キャンパス 新泉山館 国際交流センター 大会議室
概要
  • ダナ・ガバッチャDonne Rae Gabaccia (ミネソタ大学歴史学部)
    『移民の女性化:歴史・ジェンダー・社会科学からの洞察』
    The Feminization of Migration: Insights from History, Gender Studies and the Empirical Social Sciences
  • 山本明代(名古屋市立大学大学院人間文化研究科)
    『ハンガリー王国からアメリカ合衆国への移民女性とジェンダー関係の再編』
  • 杉浦未樹(法政大学経済学部)
    『18世紀ケープタウンにおける女性の相続と家計維持-財産目録の分析から』
 
 コメント:
松井洋子(東京大学史料編纂所), 土屋智子(日本女子大学文学部)
参加対象者  本学学生・教職員・一般
参加費  無料
お申込み方法  不要 (直接会場へお越しください)
主催 日本女子大学文学部・大学院文学研究科
問合せ先

日本女子大学 文学部史学科 北村研究室

TEL : 03-5981-3581