メニュー


日本女子大学文学部・大学院文学研究科主催
国際シンポジウム「異文化を学ぶことと語学習得」



画像をクリックすると拡大します(PDF形式:168KB)



日 時 2013(平成25)年7月27日(土) 13:00~17:00
会 場 日本女子大学 目白キャンパス 新泉山館1階 大会議室
タイトル 異文化を学ぶことと語学習得 日本で活躍する海外研究者と日本の高等教育を語ろう
プログラム概要

異文化研究に関わる日本在住の海外研究者を招き、そのキャリア形成、研究や教育の実践について報告をしてもらい、さらにそれをもとに会場を含めてディスカッションを行う。
異文化研究の土台となる大学の教育システム、学生支援体制、語学教育カリキュラム、さらに日本の高等教育機関の現状と未来をグローバルな視点から検証する。

◇ 開会挨拶・趣旨説明
高頭麻子 (日本女子大学文学部史学科教授 フランス文学・思想史)

◇報告 (13:10~15:40)
(1)ヴァルター・フォーグル 氏 (慶應義塾大学)
(2)クリスティーヌ・レヴィ 氏 (ボルドー第3大学)
(3)孔令敬 氏 (日本女子大学)
(4)崔蘭英 氏 (常磐大学)
(5)ヴァレリオ・アルベリッツィ 氏 (早稲田大学)

◇ 討論 (15:50~16:55)

◇閉会挨拶
黒子康弘 (日本女子大学文学部史学科准教授 ドイツ文学・思想史)

● 司会 平石淑子
(日本女子大学文学部史学科教授 中国現代文学・比較文化)

報告・討論ともにすべて日本語で行います。

参加対象者 在学生・卒業生・教職員・一般の方
参加費 無料
申込み 事前の申込みは必要ありません
主 催 日本女子大学 文学部・大学院文学研究科
問合せ先 日本女子大学文学部史学科 黒子研究室
Tel.03-5981-3596  E-mail: kurogo@fc.jwu.ac.jp