メニュー


協定大学一覧



日本女子大学は、9カ国の16大学と大学間または箇所間の学術交流協定を締結し、そのうち13大学と、1学期以上の交換・派遣留学や留学生の受け入れを実施しています。

2017年7月1日現在



ウェルズリー・カレッジ

米国

学生数 2,450人
米国東部にある名門女子大学でリベラルアーツ・カレッジのパイオニア的存在。ヒラリー・クリントンをはじめ女性リーダーを数多く輩出している。単位互換制度では、マサチューセッツ工科大学(MIT)などの授業を履修できる。



マウント・ホリヨーク・カレッジ

米国 

学生数 2,200人
米国東部にある名門女子大学でマサチューセッツ大学アマースト校、スミス・カレッジ等と5大学コンソーシアムを提携しており、単位互換制度がある。



オレゴン大学

米国

学生数 24,200人
教育学、建築学、ジャーナリズム等の評価が高い。教育学大学院はUS News & World Report誌(2015年度)で全米第12位に評価されている。



マギル大学

カナダ

学生数 39,500人
カナダの最高学府。研究・教育水準はTIMES誌の世界大学ランキング(2014-15年度)39位。フランス語圏のケベック州に位置するが、授業はすべて英語で行われている。



ノッティンガム大学

英国

学生数 33,500人
1881年創立と英国の協定校の中では歴史が古く、イギリストップクラスの研究大学として知られ、大学ランキングでの上位校としても常連。医学以外あらゆる分野が履修できる。ロンドンから電車で1時間半のところに位置する。



ウォリック大学

英国

学生数 24,000人
1965年創立以来、教育と研究の両方で国際的な評価を急速に確立している。とくにビジネス、経済の分野は大学ランキングで上位にランクイン。ロンドンから北へ電車で1時間ほどの小規模な学園都市。



ランカスター大学

英国

学生数 12,000人
1964年創立。大学の規模も大きくはなく、英国内でも安全なキャンパスと言われている。経営学部は常に国内トップ5以内にランクしており、言語学、社会学。教育学等の評価も高い。イングランド北部で美しい湖水地方へも近い。



ヨーク大学

英国

学生数 16,500人
1963年設立と比較的新しい大学だが、生物学、経済学、教育学、政治学、心理学等、国内外で高い評価。学校の規模は比較的小さく、ロンドンとエジンバラの中間に位置する街は、起源をローマ時代にさかのぼる歴史都市である。



ブリストル大学

英国

学生数 17,800人
1909年創立。英国で最初に女子に門戸を開いた実績があり、入学難易度が最も高い名門大学の一つ。イギリス南西部の中世に建てられた古い建物や教会等が多くある歴史的な街でありながら、交通の便も良く、産業や商業も発展している。



ボルドー・モンテーニュ大学

フランス

学生数 15,500人
1971年に創立。2014年にボルドー第3ミシェル・ド・モンテーニュ大学から名称を変更。人文学系の専攻を持つ国立大学であり、留学生のためのフランス語の語学学校DEFLEも設置されている。約450名が日本語を専攻し、その規模はフランス国内において2番目である。



ウプサラ大学

スウェーデン

学生数 43,000人
1477年に創立された北欧最古の大学。これまでに8名の大学関係者がノーベル賞を受賞し、世界大学ランキング100位以内にランクインする等、国際的に評価が高い大学である。本学はウプサラ大学教育学科との協定を締結。



梨花女子大学

韓国

学生数22,000人
12の単科大学(カレッジ)、69の専攻分野がある世界最大規模の女子大学。韓国語または英語で授業を履修することができ、およそ3,700人の留学生が学んでいる。



 

中華女子学院(中国)

リュブリャナ大学文学部(スロベニア)

ユタ大学ソーシャルワーク・カレッジ(米国)

カブール大学(アフガニスタン)