メニュー



今城 尚志 教授

レーザー分光法を用いた、遷移金属原子および遷移金属原子を含むラジカルの反応性について研究を行っている。

菅野 靖史 教授

微生物の持つ機能、特にヒトと関わりの深いタンパク質に注目して、その生理的役割や構造を解析し、応用展開を目指している。



関本 弘之 教授

植物の有性生殖に関係する情報伝達機構について、藻類を中心に研究している。特にミカヅキモの性フェロモンに注目している。

武村 裕之 教授

有機分子を輪にしたり、カプセルや箱のようにつくると不思議な性質が現れる。世の中に存在する相互作用を集めるかたちになるからである。
[ 動画 ]



永田 三郎 教授

複雑で精密な神経系が個体発生の過程でどうやって出来上がるか、その仕組みを両生類を用いて調べている。
[ 動画 ]

永田 典子 教授

細胞の中にある、細胞小器官の形や働きについて研究している。色々な顕微鏡を使って、ミクロの世界を「観る」ことを大切にしている。



林 久史 教授

X線分光学を中心にした物理化学、分析化学。X線を用いた新しい分析法の開発と、その機能性物質や生体関連物質への応用研究を行っている。
[ 動画 ]

宮崎 あかね 教授

環境中での物質の動きについて、固体と液体の界面に注目して研究を行っている。汚染物質の移動経路の解明や、環境浄化技術の開発を目指している



宮本 武典 教授

生命現象、特に動物行動の基盤となる神経系の役割を、味覚情報の伝達機構や記憶保持のメカニズムを通して分子機能学的な側面から研究している。

和賀 祥 教授

細胞分裂の前には必ず遺伝子の本体であるDNA複製が起こる。このDNA複製の仕組みを分子レベルで解明することを目標に研究を行っている。



阿部 秀樹 准教授

複雑な構造をした生物活性天然物の全合成研究を行っている。それらの効率的な合成法を開発することで、優れた機能性分子の創製へと繋げていく。

佐藤 香枝 准教授

マイクロナノテクノロジーを利用した細胞やタンパク質、DNAなどの超微量分析法の開発をテーマに研究している。



深町 昌司 准教授

動物が持つ様々な形質(色や形、行動など)を支配する遺伝子の正体と機能を解明する。日本のメダカをモデルに、生物多様性進化の分子基盤に迫りたい。

市川 さおり 講師

構造生物学の立場から、アレルギーを起こす原因タンパク質を中心に生体物質の構造と機能について研究を行っている。
[ 動画 ]



上田 実希 講師

生態系の成り立ちや植物の環境への適応様式を研究している。また、温暖化など環境問題の生態系への影響についても研究している。

川本 大祐 助教

鉱物表面に対する貴金属元素の吸脱着挙動を研究している。これを解明することで地球上における貴金属元素の移行挙動を明らかにしたい。



菅原 佳奈子 助教

微生物から人の生活に役立つタンパク質を見つけ出し、その性状や構造を研究している。その過程で生命について理解を深めたいと考えている。

鈴木 智子 助教

生物の形態と機能・微細構造について研究している。また、生物間相互作用分子の挙動を可視化し、その作用を時空間的に明らかにする。



土金 勇樹 助教

藻類の有性生殖に注目し、生理学的、分子生物学的手法を用いることで生物が多様化する仕組み(種分化機構)を研究している。