メニュー


佐藤香枝准教授が「第8回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント」を受賞



 資生堂が「第8回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント」の受賞者を決定し、本学理学部物質生物科学科佐藤香枝准教授が選ばれました。本学からは初めての受賞です。



 佐藤香枝准教授は医工学・分析化学の分野で大変優秀な研究活動をされており、これから指導的女性研究者となることが強く期待されるため、第8回受賞者 として選出されました。



=佐藤香枝准教授 受賞の言葉= 
 「素晴らしい賞を授けて頂き、うれしさとともに大変恐縮しております。母校である日本女子大学で2009年から教えるようになってから、理系女子学生のロールモデルになることが目標でした。資生堂女性研究者サイエンスグラントは女性を対象にした賞で、女子学生の憧れの会社であることから、目標に一歩近づいたような気持ちになりました。この受賞を励みに今後も研究と教育を続けていきたいと思います。今回のテーマであるマイクロデバイスは、生体内の血管のモデルとなる可能性を持った革新的な技術です。将来的には未解明だった生命の仕組みも明らかになるかもしれません。女性ならではの感性を生かして、これまでにはない着眼点から研究を展開していけたらと思います」



 資生堂女性研究者サイエンスグラントは、優秀な女性研究者の研究活動を支援することにより、指導的女性研究者の育成を目指す研究助成です。自然科学分野の幅広い研究テーマ(理工科学系・生命科学系全般)を対象に、毎年最大10件を選出しており、受賞者には盾と研究助成金100万円が贈られます。



●「第8回 資生堂女性研究者サイエンスグラント授賞式」の模様
 2015年6月12日、銀座の資生堂花椿ホールで「第8回 資生堂女性研究者サイエンスグラント授賞式」が開催され、佐藤香枝先生をはじめとする第8回受賞者10名が全国から集いました。審査委員長・島谷庸一様(株式会社資生堂 執行役員常務)から佐藤香枝先生へ受賞盾が渡され、受賞スピーチでは佐藤香枝先生が選出されての喜びや今後の研究への意気込みを語りました。



 資生堂のプレスリリースについては、資生堂のHP(PDF)をご覧ください。



http://www.shiseidogroup.jp/releimg/2441-j.pdf(資生堂プレスリリース)



「第8回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント」受賞者

受賞スピーチ