メニュー


遠藤 知巳 教授

現代社会を包含する近代の地平を理論的・歴史社会学的に研究。現代社会の重要な装置としてのメディア/論(の言説)を社会学的に考察する。
[ 動画 ]

大沢 真知子 教授

経済学。社会と個人のあり方の変化や家族が経済変化によってどのように変わっていくのかを国際比較によって実証研究している。
[ 動画 ]



大沼 義彦 教授

スポーツ社会学の分野で、1)スポーツメガイベントと社会変動、2)地域スポーツに関する研究を行っている。また、英国スポーツ史にも関心がある。

尾中 文哉 教授

さまざまな「知」と「非・知」(例えば、大学、学校、試験、文芸、映画、音楽、舞踏など)についての比較社会学。タイ、韓国を主なフィールドとしている。



金子 マーティン 教授

社会的不平等(人権問題)、歴史「修正」主義、ナショナリズムなど、人類が前世紀に解決すべきであった未決の社会問題に関連する研究。

渋谷 望 教授

新自由主義の文化とこれに抵抗する文化・思想とのせめぎ合いを研究している。特に社会運動のグローバルな展開に関心がある。



成田 龍一 教授

近現代日本史を専攻。歴史を狭義の政治史ではなく、社会や日常の歴史として考察するとともに、狭い意味での「日本史」から解き放ちたい。
[ 動画 ]

和泉 広恵 准教授

親子に血縁のない家族、家庭内の暴力、妊娠・出産と男女のコミュニケーションなど、現代の親子・家族・男女の問題をテーマに家族とは何かを探究している。



田中 大介 准教授

近現代の都市文化やコミュニケーションについて、交通や移動という視点から社会学的・メディア論的に研究している。

西村 一之 准教授

専門は、文化人類学、東アジア研究。特に台湾の漁民社会、民族集団間関係、植民地主義について研究している。



平田 由紀江 准教授

専門は社会学・文化研究。人やモノの移動によって起こるさまざまな現象に関心を持って研究を続けている。フィールドは東アジア地域(主に韓国・日本)。

池田 和弘 講師

専門は環境の社会学。グローバル化以後の社会における、社会と環境の関係のあり方や、その見え方、見えなさを社会学的に考察する。



山下 陽子 講師

専門は身体教育学、「健康と体力」との関係について、調査、研究を行い、現在は生涯学習の視点も考慮しながら、大学生の身体力について、研究に取り組む。

朝日 由実子 助教

文化人類学、現代カンボジアの農村社会の構造と変容に関する研究。近年では、都市社会におけるエスニック・コミュニティの研究にも着手している。



大久保 由理 助教

近代日本史、特にアジア・太平洋戦争期の思想・民衆・移民史を研究。「南方移民」の観点から、世界のなかの「日本帝国」の問題を考察している。