現代社会学科

社会を多角的に分析し、問題解決能力を養う

激動する現代社会が抱える諸問題を意識する感性を大切にした上で、現場を調査する能力、
情報を処理する力、社会現象を分析する力、そして問題を解決する能力を養います。
身のまわりから国際社会に至る、さまざまな視点から社会を見つめていきます。

現代社会の問題を
多様な視座から考える

社会学、経済学、文化人類学、歴史学などの社会諸科学の理論と方法を学習し、現代社会を多角的に見つめ直します。変化が著しい社会情勢に対応しながら、個人、家族から地域、民族、国家などの広い領域に至る社会問題を総合的な視座から考えます。

Next

幅広い領域から
自分のテーマを模索する

「基礎演習」で基礎知識を習得し、3年次からは少人数制の「演習」で専門的な研究に励みます。多彩な講義の中で自分のテーマを探しつつ、社会調査や情報処理などのデータ収集と分析技法を習得。データを読み解き、理論的に相対化して学ぶ力を育てます。

Next

多分野で生かされる
独自の視点を培う

自らの視点で社会問題を論じる力を養う本学科は、高い就職率を誇ります。4年間で身につけたものの見方、問題へのアプローチ方法は、幅広い職業で生かされる強い武器です。また、中学(社会)、高校(公民・地理歴史)の教員免許取得にも挑戦できます。

Next

取得可能な資格

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民・地理歴史)
  • 学校図書館司書教諭
  • 司書
  • 博物館学芸員
  • 社会福祉主事
  • 児童福祉司
  • 児童指導員
  • 社会教育主事
  • 社会調査士

NEWS