メニュー


小山 聡子 教授

ソーシャルワークのあり方とその教育法、「障害」の問題を通して、自らのあり方を問い、社会の持つ価値観や方向性を探る。

木村 真理子 教授

専門は地域生活を支える精神・医療・保健福祉支援システム、精神保健福祉分野のソーシャルワーク、多文化ソーシャルワーク。



沈 潔 教授

国際社会福祉を研究。特にグローバル社会における、東アジア地域の高齢者、女性、こどもの社会福祉の移ろいを、国際比較の視点から問い続ける。

林 浩康 教授

何らかの理由で実親と暮らせない子どもたちの社会的養護や家族支援の在り方に関心を持っている。
[ 動画 ]



久田 則夫 教授

専門は利用者本位サービス論。どうすれば福祉サービス利用者に質の高いサービスが提供できるか、その理論と実践技法の開発に取り組む。
[ 動画 ]

増田 幸弘 教授

専門領域は福祉・医療・労働の法と政策。最近の関心は「多様な家族関係の法と政策」「医療保障と私的医療保険」「労働衛生と法」。



渡部 律子 教授

高齢者と家族に対する支援のあり方、ソーシャルワーク実践理論、スーパービジョン、ケアマネジャーのストレスと燃えつきなどを中心に研究。

圷 洋一 准教授

各国福祉政策の動向把握(特に社会的排除研究)、社会保障(特に公的扶助)の制度論的分析、福祉イデオロギー研究が専門。



岩永 理恵 准教授

歴史分析・調査・オーラルヒストリー等により生活保護制度や被災者支援制度について検討し、貧困・社会的排除の問題とこれへの対策のあり方を研究している。

黒岩 亮子 准教授

「地域生活への移行」という福祉の大きな流れの中で、地域で孤立化している人の実態や、政策・地域住民の活動等の支援のあり方について研究している。



永井 暁子 准教授

仕事と家庭の両立に何が必要か(男性の子育て参加・女性の仕事の継続)、家族関係が上手くいくために何が必要か、の2点を中心に研究を行う。
[ 動画 ]

赤澤 輝和 講師

病気が心理社会的側面に与える影響を明らかにし、生活の質を高めるソーシャルワークのあり方について研究している。



大部 令絵 助教

質問紙や自由記述の分析を通じて障害啓発や福祉教育の効果検証を行い、福祉・教育・心理等の多角的観点から、より良い福祉・教育活動のあり方を探る。

大日 義晴 助教

結婚が個人に与える影響、とりわけ心理状態やサポート・ネットワークの変化について研究している。