メニュー




在学生の声



演習や実験で学ぶほどに
心理学という学問の奥深さに気づく

2014年度 2年次 A.O さん

 人のこころの仕組みについて知ることは、社会で生活する上で役立つと思い、心理学科を選びました。心理学はとても奥が深い学問で、学んでいくうちに世界の見方さえ変わっていく気がしました。こころと身体のつながりを知ることができ、心理学科を選んで良かったと思います。心理学の基盤を築くのは「心理学実験」などで、今後、心理学の中で特に何を学びたいかを考えさせられる 授業です。私は「臨床心理学」の授業がとても印象的で、毎回新たな知識や発想を得ることができました。実験後に書くレポートを通して、ものの見方や心の動きを実験の結果と併せて理解できるようになりました。

色や音、錯覚など知覚的な側面から
人の心にアプローチする心理学の魅力も発見

2014年度 4年次 A.M さん

 「心理学」というとカウンセラーなど「臨床心理」のイメージが強かったのですが、「基礎心理学概説2-Ⅰ・2-Ⅱ」 の授業を通し「知覚心理学」という分野があることを知りました。色や音、錯覚といった知覚的な側面から人の心にアプローチしていく心理学の魅力を発見できました。 心理学科の特徴は、実験や演習、統計など実践的な授 業を行うことで、より興味や理解が深められるところです。データに基づく科学的な面が多いのは意外でしたが、そうした基礎的な部分もしっかり学べます。また、実験を行った後でレポートを書くことにより、自分の考えを分析し、分かりやすくまとめる力を養うことができます。



「心」について知識を蓄え、考察する
今後は実践経験も積んでいきたい

2013年度 2年次 N.H さん

 「心理学概論」や「心理学初級演習」では心理学の基礎的な考え方を学び、「心理学実験演習」「基礎心理学概説」で科学的、統計的な面から心理学にアプローチしていきます。心の仕組みや働きについての知識を習得した上で、実験や統計の結果をじっくりと考察し、より深く心理学を理解していきます。私は人の悩みを聞き、支えになれるような人を目指すために心理学科を志望しました。授業を通して知った臨床心理士という仕事に興味を引かれ、今後は臨床心理についてより詳しく学んでいこうと考えています。また、カウンセリングなど実際に人と関わることにも積極的 に挑戦していきたいと思います。

サポートし合える仲間に出会い
誰かを支えられる人になりたいと感じた

2013年度 4年次 F.Y さん

 心理学科の魅力は、所属ゼミに関わらず先生方が親身に対応してくれることです。そして互いを尊重し、助け合える学生が多いことです。失敗を引きずってしまう性格に悩んでいた私に、「自分を省みて改善につなげることのできる人」と友人が言ってくれたことで、ありのままの自分を受け入れることができるようになりました。また、ゼミや「臨床実践演習」などの体験型の授業では受講生同士で意見交換を行い、自己や他者への理解を深められたと感じています。現在は、臨床心理士を目指して児童相談所でのボランティア活動に取り組み、さまざまな経験を積み重ねながら人とのより良い関わり方を学んでいます。



新しい発見が多く、充実した毎日
人の役に立てる臨床心理士を目指して

2012年度 2年次 Y.Sさん

 悩んでいる友人の相談に乗って感謝されたり、元気になってもらえたりすることが嬉しい私は、悩みを抱えた人の役に立てる臨床心理士を目指しています。「心理学初級演習」の授業では、カウンセリングの方法や脳と神経のしくみについて文献を調べ、発表しました。理系の要素が多く、実習科目では講義の学びを活かして実験を行います。実際に動物を用いたり、自らが被験者になったりすることで、教科書だけでは得られない発見や疑問を見つけられるのもやりがいの一つです。日本女子大学の大学院は臨床心理士の第一種認定校なので、大学院で臨床心理の分野をさらに追究していきたいと考えています。

心理学の諸分野を学び
人の気持ちを尊重できるように

2012年度 4年次 A.Sさん

 心理学の実験には興味深いものがたくさんありますが、中でも印象的だったのが「HTPテスト」。これは真っ白な紙に家や人物を自由に書いてもらい、その絵から被験者の心理を探るという実験です。実際に友人同士でやってみると、その人の性格や心理状態が見事に反映されているので驚きました。また、臨床系の授業でパーソナリティについて学んだことがきっかけで、普段の生活でも一人ひとりの個性を尊重するようになり、自分のことも一人の人間として大切に思えるようになりました。大学は多くの発見と素敵な出会いが得られる場所です。今後も人とのつながりを大事にして、日々成長していきたいと思います。



心の仕組みや働きを探究し、
人間とはなにか知りたいと思っています

2011年度 2年次 S.Kさん

 私は、「人間とはなにか」ずっと知りたいと思っていました。そこで、人間の心の仕組みや働きを学問的に探究したいと思い、心理学を学ぶことにしました。心理学と一口に言っても扱う内容は幅広く、動物の行動について観察する授業から、脳について学ぶ授業まであります。1年次から本格的な実験を経験できるので、実践的な知識を身につけやすいと思います。レポートをまとめることや、みんなの前で発表する機会も多く勉強になります。「心理学を活かして人を助ける仕事に就きたい」という目標があるので、今後は対人的な心理学である「臨床心理」分野の知識を特に深めていこうと思っています。

心に問題を抱える人を、
少しでも楽にしてあげたいと思います

2011年度 4年次 Y.Hさん

 私は将来、「臨床心理士」になって、心に問題を抱える人を少しでも楽にしてあげたいと思っています。そのためには実践的な学びが必要です。所属しているゼミでは、小学校やフリースクールに赴き、そこで一日生徒と一緒に過ごす「実習」を取り入れています。実際に子どもと触れ合うことによって学ぶことはとても多いと思います。心理学は机上の勉強だけでは不十分で、やはり人と接する中で学ぶことが大切なのです。臨床心理士の資格を取るためには、大学院に進学しなくてはなりません。今の私の第一の目標は、大学院入試に合格すること。目標に向けて日々努力している最中です。



卒業生の声



ものごとを多面的にとらえる思考力を身につけた4年間

2011年 卒業
株式会社三菱東京UFJ 銀行 勤務
K.Y さん

 私は人が考えていること、感じていることに大変興味があり、心理学科に入学しました。「形」として見えない“心理”は、データ化し読み解き、話し合って考え結論を導くという、見えるモノであり見えないモノでもあります。時に具体化しにくい心理について、同じ興味を抱き入学した友人らと考え、語り合うことのできた時間はとても有意義なものでした。1年次から本格的な心理の基礎を学び、4年間をかけ、体験し言葉として表現することで、ものごとを多面的にとらえる思考力を身につけることができました。



心理学は「人の心に寄り添う」学問
大学での学びが人生の指針になる

2012年 卒業
株式会社ANAエアサービス東京 勤務
H.N さん

 入学当初、心理学は人の心を読み解く技術だと思っていましたが、さまざまな実験や臨床心理学、生理心理学などの授業を通じて、多方面から人と心について考える中で、心理学は「人の心に寄り添う学問」だと気づきました。私は今、空港内で働いていますが、お客様は、特別なサービスよりも、さりげない行動や一言に喜んでくださることが多いように感じます。日々、「人の心に寄り 添う」ことの大切さと難しさを実感しています。また大学時代の学びは、現在の仕事だけでなく人生の大きな指針となっています。

1 年次からの演習形式の授業で
広い視野で捉え、共感する力を得た

2012年 卒業
/千葉市(行政職) 勤務
H.K さん

 心理学科の魅力の一つとして、1 年次から始まる演習形式の授業が挙げられます。実際に体験することで心理学への関心や知識が高まるだけでなく、関連するレポートを書くことで、自ら考え、まとめ、分かりやすく伝える力も身につけることができました。日本女子大学で過ごした4 年間は、今の私を形成する上でかけがえのない時間でしたし、さまざまな授業を通じて、ものごとや一人ひとりを冷静かつ広い視野で捉え、共感することを学びました。そしてその力は、96 万人の千葉市民と接する市役所での業務において欠かせないものとなっています。



日本女子大学で身につけた力を
社会人生活で発揮しています

2010年卒業
 ソフトバンクテレコム株式会社 勤務
A.S さん

 恵まれた環境で自分としっかり向き合うことができた日本女子大学での4年間は、とても有意義な時間でした。心理学という学問を通して多様な角度から状況を捉え、背景にある原因や法則性までを視野に入れて物事を見る力、考える力を養うことができました。また、人生の師として仰ぐ先生、何でも話し合える友人との出会いは、私を大きく成長させてくれました。現在の仕事はお客様の立場やご要望に臨機応変かつ迅速に対応することが求められます。私が自分の力を発揮できるのも、大学時代の学びによって幅広い視野を身につけられたからです。

体験的な学びで傾聴力を培い
「人の心」に寄り添えるように

2011年卒業
 三井住友信託銀行株式会社 勤務
M.A さん

 私は現在、信託銀行でテラー業務(金融関係業務の窓口対応)に携わっています。お客様のご要望や悩みをくみ取り、一人ひとりに最適な提案をすることが求められますが、心理学科で培った実践力は日々の業務に活かされています。特に、心理学実習や実験演習などの体験型授業を通じて身につけた人の心に寄り添う力=「傾聴する力」は、私の財産。進路を選択する際は悩んだこともありましたが、先生方からの親身なアドバイスやキャリア支援課の充実したサポートのおかげで今の道を見つけ、自信を持って就職活動に臨むことができました。