メニュー


青木 みのり 教授

臨床心理学の中で、家族、学校など、人と人との相互作用に関する実践と研究を行う。色々なことが話し合える活気のあるゼミを目指す。

石黒 格 教授

態度や行動の決定に際してヒトが示す特徴と、そこに社会的文脈がもたらす制約と影響について社会調査的な技法を用いて研究している。
[ 動画 ]



岩立 志津夫 教授

哲学と臨床心理学(精神病理学・自閉症の治療教育)の勉強をし、最近は基礎的・臨床的な研究を通じて言語発達の新しい理論を模索している。

金沢 創 教授

心理学の基礎論や認識の発生過程などを分野横断的に研究。PCを使った認知実験や乳児の知覚実験、さらには医療現場での乳幼児健診にも関わる。
[ 動画 ]



塩崎 尚美 教授

病院での臨床からスタートし、精神分析や心理検査を専門としてきたが、今は乳幼児精神保健領域の研究と実践を中心にしている。
[ 動画 ]

竹内 龍人 教授

実験心理学的手法により、錯視や色覚、運動視といった視知覚の仕組みおよび情動との関わりの解明、ヒューマンインターフェースへの応用を目指している。

[ 動画 ]



伊村 知子 准教授

ヒトの心の進化と発達について解明するため、チンパンジーやヒトの乳幼児の知覚や認知の仕組みを実験心理学的な手法により検討している。

川﨑 直樹 准教授

青年期の人格発達、特に自己イメージの成長過程とその支援について研究・実践を行っている。自分の心を通して、人間の悩みや幸せを考えるゼミ展開を行う。



久東 光代 准教授

ネットワークを活用した学習支援システムを開発し、情報教育の授業でより良い表現技能や問題解決能力を育成している。

藤崎 和香 准教授

聴覚、視覚、触覚など様々な感覚を統合して一体感のある知覚世界を構築している人間の心のしくみや、知覚や認知の個人差、可塑性、多様性の解明を目指している。



堀江 桂吾 講師

病院勤務を経て、ロールシャッハ、ウェクスラー式知能検査等心理アセスメントに関する研究や、精神分析的心理療法の治療機序に関する研究を行っている。

佐藤 夏月 助教

生後1年未満の乳児を対象に、3次元空間をシミュレートしたコンピュータグラフィックスなどを活用し、視知覚の初期発達を研究している。



中神 明子 助教

発達障害モデル動物の行動解析を行うことで、生物学的な神経基盤を明らかにすることを目指している。特に霊長類の心理行動実験、養育行動の研究を行っている。

福島 円 助教

臨床心理士として、大学や短大、小学校、クリニック、施設などで働いてきた経験をもとに、主に心理臨床家の苦労と成長について研究している。