メニュー



学位授与方針
(ディプロマ・ポリシー)



知識・理解



  • 人間の心の働きとその仕組みを広く学び、それらが生物学的、個人的、社会・文化的諸要因の影響を受けていることを理解し、心に関わる現象を実証的な方法で探求していくことができる。


思考・判断



  • 人間が示す心理学的現象の法則性を論理的に導き、その意味を、調査や実験に基づいて、生物的、社会的な観点から洞察することができる。


関心・意欲・態度



  • 心の働きと仕組みに関する基礎知識を基盤にして、探究を深める意欲を持つとともに、多様な心的機制の解明に関心を拡げ社会貢献に生かしていきたいという意欲を有する。


技能・表現



  • 人間の普遍的な行動現象を解明できる解析能力とともに、多様な状況にある人々に対して、柔軟に対応できる基礎的技法と表現能力を有する。


教育課程編成方針
(カリキュラム・ポリシー)



知識・理解



  • 1年次必修科目に演習科目、実験演習科目を置き、基礎的な心理実験を体験し、解析方法を少人数グループで体験できる仕組みにしている。
  • 4年間の学修を集大成する卒業論文を必修とする。


思考・判断



  • 2年次には実験演習を通じ、心理学の研究法を更に深く体験する科目を置く。3年次の演習(ゼミ)では、専門性の高い学術研究の講読や実習を行い、特定テーマの心理現象の深い理解を促す科目を置く。


関心・意欲・態度



  • 実験演習のレポート作成と添削を受ける、フィードバック経験を通じ、資料の解析と学術的な報告書作成の技能が修得できる設定をしている。
  • 3、4年次の演習(ゼミ)科目を通じて、学術論文の正確な理解と、批判的な思考を介して、新たな研究へと発展させていく態度が養成されるよう配慮している。


技能・表現



  • 公認心理師の取得を希望する者のための科目を置く。また、卒業後、大学院において臨床心理士取得を希望する者のために役立つ科目を置いている。
  • コンピュータを用いた統計的解析法、並びに表現法を学ぶ科目を置いている。社会科学的な調査能力とデータ分析能力を扶育し、社会調査士の資格取得に繋がる科目も置いている。


入学者受入方針
(アドミッション・ポリシー)




知識・理解



  • 基礎的な書物を通じて心理学の知識を取得できる、基礎学力を有する人。日本語、英語に加え、社会・文化的な背景あるいは生物学的な周辺領域についても関心を持ち、人間の行動を学問融合的に捉えていくことのできる人。


思考・判断



  • 人間の示す心理現象の成り立ち、原因、そして意味を、実証的な資料の解析に基づいて理解することに興味のある人。


関心・意欲・態度



  • 人間が示す行動の背後にある因果関係に関心を持ち、修得した知識をもとに人間理解を深めたいと考える人。更に、専門的な知識と技術を生かして、多様な人間関係の改善に貢献したいと願う人。


技能・表現



  • 人間の行動特性の普遍性を実証的な資料に基づいて的確に捉え、文章や言葉で正確に伝える能力のある人。自分とは異なる考えも傾聴し、より高いレベルの考察へと修正していくことを望む人。