メニュー




在学生の声



広く、深く日本文化を学びながら
言語力を磨き、他文化を理解したい

2014年度 2年次 C.N さん

 留学生と出会った高校生の頃から、自らの言葉で自国の文化を外国人に発信したいと思っていました。そのような私にとって、文化学科は文化と言語に関して深く学べるカリキュラムとなっており、私の希望を叶えるものでした。1年次は、語学を中心に学びますが、日本や世 界などの社会全体が抱える問題をテーマに、英語でディスカッションする授業もあり、社会全般に対するとらえ方まで問われます。また語学を学ぶ時、その国の文化的背景を理解することが大切です。私は英国に対する知識を深めたいと思い、地域文化コースを選びました。将来は、英国への語学留学も考えています。

日本と世界を繋ぐ組織や仕事で
学科で学んだすべてを発揮したい

2014年度 4年次 S.T さん

 学芸員資格を取得し、日本と世界を繋ぐ組織で働きたいという希望を持って文化学科に入学しました。「博物館実習」は、学芸員資格を取得するためには必修の授業です。実習では実際に美術館の学芸員の方に来校していただき、展覧会開催までのプロセスや掛け軸、仏像の取り扱い方などを学びました。大学で学ぶ自分自身に変化を感じるのは「世界から見た日本はどんな異国要 素を持っているか」を考えるようになったことです。学科の魅力は、他国と自国、両方の文化と、日本と世界の文化交流について学べる点です。世界に羽ばたく日を胸に、今後も幅広く教養を磨いていきたいと思います。



日本のファッションを世界に発信したい
その土台となるのは、確かな語学力

2013年度 2年次 T.T さん

 私は、幅広い知識を習得したいと考え、文化学科を志望しました。1 年次は語学が中心ですが、扱われる教材も文化に関連した内容なので、関心を持って取り組むことができました。「英語」の授業では、他の学生が行った英語でのプレゼンテーションに対して質問をするのですが、素早く内容を理解し、質問内容を英語で考えなくてはならないため、リスニングのスキルや語彙力を培うことができました。将来はファッション誌の編集者として、日本の服装や文化、流行を世界に向けて発信することが目標です。今後は世界のファッションと日本文化の関連性などを中心に、詳しく学んでいきたいと考えています。

同じゼミ内でも研究テーマは十人十色
あらゆる関心が学びにつながる

2013年度 4年次 R.S さん

 「文化」の幅は広く、あらゆることが学びにつながります。同じゼミの中でも、取り扱っているテーマがバラエティーに富んでいるのは文化学科ならではです。お互いの発表を聞いて刺激を受けることも多く、広い視野を持つことができます。ゼミでは「化粧と女性の生き方」を研究しており、日々雑誌や新聞などから情報収集をしています。語学研修の際にはアメリカ人に化粧について伺い、日本との文化や価値観の違いなどを実感しました。また、この経験を通して、よりグローバルな視点や客観的なものの見方を得ることもできました。将来は大学での研究を生かし、化粧品業界で働くことを志しています。



さまざまな観点から「文化」を学び
追究したいテーマを発見しました

2012年度 2年次 Y.T さん

 「異文化に触れ、その国の歴史や文化、芸術を学びたい」と高校の担任に相談したところ、日本女子大学の文化学科を薦められました。文化学科の魅力は「文化」という大きな枠組みの中から、自分が追究したいテーマを見つけ出せるところ。1年次は日本文化やオペラ作曲家とその時代背景についてなど、幅広い学びを通じて視野を広げていきました。現在は「日本らしさ」や「外から見た日本」に興味があるので、ヨーロッパ文化やアジア諸国の文化と日本文化との違いについて比較研究をしたいと思っています。将来は海外と関わる仕事に就きたいので、英語をはじめとした外国語の勉強にも力を入れています。

相手を理解し、尊重することで
文化や国籍の壁は越えられます

2012年度 4年次 K.K さん

 1 年次にフランス語の授業を受けたとき、言語だけでなくフランス人の礼儀や考え方なども教わり、「言葉を学ぶことはその国の文化や価値観を学ぶことにつながる」ということを知りました。それがきっかけでフランスへの興味が高まり、1 年次の春休みにはパリ旅行へ。さまざまなフランス人との出会いを通じて、相手のことを理解しようという気持ちがあれば、国籍や文化の壁は乗り越えられることを実感しました。文化学科の学びには、自分と世界とのつながりについて考えるヒントがたくさんつまっています。今後もそれぞれの生き方を尊重する立場を忘れずに、世界との関わり方を考え続けたいと思います。



絵画や音楽などの芸術は
社会や経済の影響を受けているのだと知りました

2011年度 2年次 K.K さん

 授業を通して感じたのは、芸術というものは常に歴史の影響を受けているということです。西洋美術史や音楽史の講義では、芸術の鑑賞と合わせて歴史的な背景についても学びます。ですから、社会の変化が絵画や音楽の変化につながっていることがとてもよく理解でき、ますます興味が湧きました。将来は学芸員になって、大好きな西洋美術の面白さをみんなに伝えたいです。そのためには実際に海外に赴いて、自分の目で美術品を見ることが必要ですし、文化の違いも体感することが大切だと思います。今後、ぜひ留学してみたいと考えているので、外国語の勉強にも力を入れています。

幅広い分野の授業があるおかげで
視野を広げることができました

2011年度 4年次 S.I さん

 1年生の頃から発表やディスカッションなど、主体的に取り組む授業が多くあります。さまざまな文献を調べて、それをまとめ発表の資料を作るのはとても大変でした。しかし、自分の力で調べることによって視野が広がりましたし、発表の仕方も上達していると感じています。今は、卒業論文で書こうと思っているテーマについて、関連する文献を読み込むなどして発表しています。テーマに合う本を探し、わかりやすく説明することで自分の理解も深まります。何より新しい知識を得ている感覚はとても刺激的です。文化学科で幅広い分野を学ぶうちに、好奇心も旺盛になった気がします。



卒業生の声



チームワークをつくり上げ、目標を達成するために努力した

2010年 卒業
東京海上日動火災保険 株式会社 勤務
Y.W さん

 文化学科は、先生との距離が近く、授業はアットホームで発言しやすい雰囲気です。またバイタリティあふれる仲間に多く出会うことができます。私は在学中、日女祭 (学園祭)実行委員会に所属していました。活動を通して、自主性あふれるメンバーと意見を出し合い、チームワークをつくり上げ目標を達成するための苦労とそれを乗り越える楽しさ、その先にある充実感を共に体感しました。仕事でもそのようなプロセスを踏むことがやりがいにつながるのではないか、との考えが就職先を選択する際の判断基準の一つとなりました。



常に好奇心と行動力を持ち
より良い明日をつくり出したい

2011年 卒業
東映アニメーション株式会社 勤務
N.T さん

 文化学科に在籍しているのは個性的な学生ばかりです。それぞれが能動的に美術や歴史、言語など幅広い分野に触れ、世界の広さや未知の知識に目を輝かせていました。エンターテインメント業界に身を置いている今、好奇心と行動力を持つことの大切さを実感しています。また、常に何かを「より良くしたい」と思える心を培うことができました。現在も日々の業務において、改善できるところはないか意識しています。4 年間は本当にあっという間です。今は自分に自信がなくても大丈夫、卒業するころには、きっと臆することなく行動できる女性になっています。

おもてなしの心は貴重な日本文化
世界中の人々に伝えていきたい

2012年 卒業
全日本空輸株式会社 勤務
S.T さん

 大学で、文化はその国の人々が長い歳月をかけてつくり上げた貴重なものだからこそ、尊重するべきだということを学びました。そして、他国から注目されている日本のおもてなしの文化を世界の人々に伝えたいと考えたことが、客室乗務員を目指すきっかけとなりました。文化学科では、専門分野を追究することも、さまざまな分野を学ぶことも可能です。学びを通して身につけた「視野を広げて考える力」は、仕事においても生かされています。これからも、日本女子大学の卒業生として誇りを持ちながら、世界の人々に夢と感動を与えていきます。



国内外の文化芸術を学び、
グローバルな視野を養いました

1996年卒業
日本通運株式会社勤務
Y.N さん

 在学中は音楽、文学、絵画など、国や時代を越えて人々に愛される国内外の文化芸術を学びました。また、第2外国語で選択していたドイツ語がきっかけでドイツ文学に触れ、ヨーロッパの文化にも興味を持つようになりました。今の仕事で担当している国際航空貨物の業務は海外とのつながりが深く、世界の芸術に触れることを通じて培った国際感覚や異文化の知識は、国際事業に携わる上での根幹です。入社4年目にはドイツのデュッセルドルフでの業務研修を経験。グローバルな仕事に携われるのも、日本女子大学での学びがベースにあるからこそです。

好奇心と向学心を満たせる
恵まれた環境で過ごした4 年間

2010年卒業
奥野総合法律事務所勤務
A.K さん

 日本女子大学は好奇心を持ち、学びたいという意欲があれば専攻や所属ゼミの垣根を越えてあらゆることを吸収できる環境があります。私はイギリス文化のゼミに所属していながら、北京大学での中国語学研修を経験しました。ゼミでも語学研修でも、異なる文化や言語を学ぶ楽しさを感じながら、自ら進んで課題に取り組み、最後までやり遂げる力がつきました。あらゆることにアンテナを張り、積極的に行動したことは、人と会う機会の多い社会人生活にも活かされます。皆さんも夢中になれるものを見つけ、充実した日々を送ってください。