メニュー


井上 信子 教授

幼児期~青年期の子どもたちの心理の発達および発達障害特性の理解。理解を背景とした、子どもたちの「いのち」を育む支援や教育について学ぶ。

今井 康雄 教授

専門は教育哲学・教育思想史。19~20世紀のドイツの教育思想を中心に研究を進めている。文字、絵画、映画など、広い意味での「メディア」と教育の関係にも興味を持っている。



清水 睦美 教授

在日外国人の子どもたちと日本の学校・教師・社会との関係、親や母国との関係などについてフィールドワークの手法を用いて検討している。

田中 雅文 教授

人々の生涯にわたる学習をさまざまな角度から研究。特に市民活動・地域活動を通じた子どもや大人の学習・成長に関心を持つ。



田部 俊充 教授

専門は社会科教育学。環境教育や国際理解教育といった隣接分野も対象に教材開発やカリキュラムを研究している。
[ 動画 ]

藤田 武志 教授

社会や子どもの実態を社会学的に探究しながら、すべての子どもが社会的な自己実現に向けた能力を身につけられるような教育のあり方を検討している。
[ 動画 ]



吉崎 静夫 教授

小・中学校で実践されている教科や総合的学習の授業について研究している。

野田 不二夫 特任教授

算数科教育、授業研究が専門分野。小学校教員の経験を生かし、子どもの実態をもとに「教育の不易と流行」を追究している。



宮井 和惠 特任教授

人とつながることばの獲得は、幸せな人生の懸け橋になる。言語力の基礎を大切にしながら「生きて働くことばの力」を育む国語科授業づくりや、学校教育の在り方について研究している。

荒牧 草平 准教授

社会調査の結果から、社会階層や教育制度、社会的ネットワーク等が、親の教育態度や子どもの進路選択等に与える影響を調べている。



齋藤 慶子 准教授

専門は日本の近現代の女子教育・家庭教育。現代の教員も抱える「仕事と家庭のバランス」という男女共通の課題を歴史的に検討している。

瀬尾 美紀子 准教授

理解や思考を中心に、子どもの学習のメカニズムについて研究している。また学習を支えるメタ認知、動機づけ、学習観、学習方略にも着目し検討している。



丸林 実千代 准教授

学校の音楽教育も含め、すべての人々のあらゆる次元での自由な音楽活動の権利保障を基本とする生涯音楽学習について研究している。

山下 絢 准教授

教育政策実施のプロセスにおける決定メカニズムの解明と、教育政策がどのような効果をもたらしているのかという教育政策の評価を専門とする。



加藤 美由紀 助教

生物多様性保全に関する学校教育について研究している。その関連分野として、生命倫理教育や環境倫理教育にも関心がある。

渡邉 巧 助教

専門は社会科教育学。日本とアメリカの社会科教育を中心に研究している。とくに、カリキュラム・授業と評価・教師教育(養成・研修)に注目している。