メニュー


シンポジウム「スウェーデンにおけるESDの取り組み」



 本シンポジウムの目的は、2016年3月23日(水)から3月29日(月)及び2016年8月31日(水)から9月3日(土)にスウェーデン・ウプサラ市を中心に実施した学内合同研究調査 の成果を持続可能な発展のための教育(Education for Sustainable Education=ESD)の観点を中心にまとめ、スウェーデン・ウプサラ大学と本学との間の研究教育協力、そして大学間連携に つなげることにある。 本学とスウェーデンとの関わりは長く深い。児童福祉が専門の故一番ケ瀬康子氏(人間社会学部社会福祉学科名誉教授)、子どもの住環境が専門で、コレクティブ・ハウジングを日本に初 めて紹介した小川信子氏(家政学部住居学科名誉教授)をはじめ、多くの実績を有する。本学にとってスウェーデンの取り組みを学際的に調査、研究し、本学との関係を発展させることは意 義深い。

 本シンポジウムは2015年度、2016年度の日本女子大学特別重点化資金による「グローバルに活躍する人材育成を促進するプロジェクト―スウェーデンの実践との比較を通して―」報告会及び2017年3月12日(日)から3月18日(土)に実施予定の2016年度人間社会学部&家政学部海外合同研修会「スウェーデン―教育・保育・ESD の先進国を訪ねて―」の事前 学習会を兼ねている。





日時

2017 (平成29) 年 2月 17日(金)

13 : 00 ~ 16 : 00

会場 日本女子大学 目白キャンパス 香雪館 1階 100番教室
概要

2016年3/23~3/29及び8/31~9/3 に実施された共同調査研究の成果を発表する。

 

13:00 企画趣旨・報告①

田部 俊充 (教育学科)

「小学校および高等学校における地理授業の概要と ESD」

 

13:30 報告②

請川 滋大(児童学科)

「保育施設における教育の概要と ESD」

 

13:55 報告③

高野 由美子 (児童学科)

「学童保育における教育の概要と ESD」

 

14:20 報告④

加藤 美由紀 (教育学科)

「自然学校における小学校児童に対する教育の概要と ESD」

 

14:45 学生からの発表

 

15:00 質疑

 

15:30 コメント

定行 まり子 (住居学科)

 

*報告 20 分 質問 5分

 
参加対象者 学部生・院生・卒業生・教職員・学外者
参加費 無料 
お申込み方法  問合せ先のEmailアドレスよりお申込みください
主催 日本女子大学 人間社会学部 教育学科
問合せ先

日本女子大学 人間社会学部 教育学科

Email : tabe@fc.jwu.ac.jp