メニュー


石井 倫子 教授

中世文学。主として室町時代の能を対象とし、当時の能に受容された文化・宗教的事象の諸相について歴史学的アプローチから研究している。
[ 動画 ]

江田 すみれ 教授

日本語の文法に興味があり、外国人が日本語の文を作る時につまずくような問題をとりあげ、その原因を探っている。
[ 動画 ]



坂本 清恵 教授

主に伝統芸能(能楽、浄瑠璃)を資料とした音韻・アクセントの史的変遷を研究。乳幼児のアクセント獲得についても実験研究を行う。
[ 動画 ]

清水 康行 教授

日本語学。主として近代日本語史を研究。最近は1900年頃に録音された音声資料群の所蔵調査と言語内容分析に力を入れている。



高野 晴代 教授

古今集を中心とした王朝和歌、和歌を視点とした王朝日記、源氏物語。また絵と文学の関わり、屏風歌詠法や絵による源氏享受なども研究。
[ 動画 ]

田中 大士 教授

上代文学。主として『万葉集』の伝本が、どのように変容し、また、整えられてきたかについて、また、『万葉集』がどのように受け止められてきたかについて研究している。



田辺 和子 教授

日本語学。日本語における語用化の分析とその機能の検証・歴史的談話論における方法論の研究。

福田 安典 教授

現在は、平賀源内を中心として、江戸時代の文学(俳諧、国学、小説)を研究テーマとしている。源内の時代は、江戸中期にあたり、とても魅力ある領域である。



山口 俊雄 教授

1930年代にデビューした石川淳や太宰治を中心に、広く近代文学を同時代の諸言説・諸事象との関係の中で読み、その歴史性の解明を試みている。

大谷 康晴 准教授

図書館情報学。現代の日本における図書館という存在、その管理運営、そして、実際に図書館を動かす職員のあり方に関心を持っている。



吉田 薫 准教授

中国近代文学・思想。梁啓超や章炳麟、魯迅等、清末の知識人の思想や文学について、様々な活動内容を検証しながら研究している。特に個々の思想と歴史のかかわりに興味がある。

渡部 麻実 准教授

近現代文学。主に昭和初期のモダニズム文学を研究。蔵書や肉筆原稿にも目を向け、文学を一層豊かに読み替えることを目指している。



岩田 芳子 助教

上代文学。主に記紀および風土記を中心とした神話・伝説における表現の手法について研究している。

鴨川 都美 助教

近現代文学・演劇。主に村山知義の1920年代後半から戦後に至るまでの戯曲・小説を研究している。