メニュー


特別重点化資金「国際化の視座からの日本研究」開催



 12月5日(土)、新泉山館で特別重点化資金「国際化の視座からの日本研究」(発表及び「能」のワークショップパフォーマンス)が開催されました。これは、2006年以来の日本とフィリピンの国際文化交流の一翼を担うもので、今回は、フィリピン大学、静岡文化芸術大学、日本女子大学の連携事業として行われました。

 

 当日は、フィリピン大学国際センター准教授Amparo Aelina Umali 3世とともに来日したフィリピン大学の学生による「能」の実演のほかに、7人の発表者による研究発表が行われました。発表題目は、以下の通りです。



発表Ⅰ部



'Masks Undone in the Ring of Fire: A Decade of Noh in the Philippines'
Amparo Adelina Umali三世, Ph.D(フィリピン大学准教授, 伝統芸能研究)
' Drifting Fire, an English-language Noh play'
Janine Beichman, Ph.D (大東文化大学名誉教授, 与謝野晶子研究)
'Body and Emotion'
本間生夫, MD, Ph.D (東京有明医療大学副学長、昭和大学医学部名誉教授、呼吸生理学)
「国境を超える学生交流から見えてきた「文化理解」のかたち」 ~UPCISとYNUの経験から~               
小ヶ谷千穂(フェリス女学院大学教授, 国際社会学、フィリピン地域研究)



能のワークショップパフォーマンス Ⅰ



出演

大村滋二(能楽師大倉流大鼓方), Maria Teresa Jamias,
Laureen Lioanag, Darren Balolong, Danielle Naomi Uy,
Frances Antoinette Cruz, Margie Tamayao, Jon Philip Noveras
*Noh instruments are provided by the UP college of Music.



発表Ⅱ部



'An Introduction to Edo Literature'           
細尾まどか (日本女子大学 4年生)
「境界線上に依拠したUPCISの発想と企画」
梅若猶彦, Ph.D (静岡文化芸術大学教授, 能)
【能のワークショップパフォーマンス Ⅱ】
「狂言とコンメディア・デッラルテ‐比較研究序説」 
高田和文 (静岡文化芸術大学副学長, イタリア演劇・比較演劇)

 

 能のパフォーマンスの合間には、大村滋二能楽師(大倉流大鼓方)にもご登壇いただき、フィリピン大学で学生を指導したときのお話を伺い、その研鑽の姿を知ることができました。



フィリピン大学学生による能のパフォーマンス

質疑応答に答えるフィリピン大学学生



大村滋二氏(能楽師大倉流大鼓方)

日本女子大学学長挨拶