メニュー


学術交流企画「大伴家持が見た万葉の世界ー大和から越中へー」開催



 7月18日(金)・19日(土)、新泉山館で、学術交流企画「大伴家持が見た万葉の世界ー大和から越中へー」(展示と講演会)が開催されました。北陸新幹線の金沢延伸を記念して、首都圏と地方を結ぶという意図もこめて、日本文学科と高岡市万葉歴史館とが共催したものです。

 

 展示には、歴史館の持つ貴重な万葉集の断簡や古写本と共に本学ゆかりの万葉集研究者の元学長青木生子先生、元教授の阿蘇瑞恵先生のご業績が並びました。

 ご講演は、高岡市万葉歴史館館長坂本信幸先生の「越中万葉の魅力」、東大教授鉄野昌弘先生の「天平の単身赴任-「史生尾張少咋を教喩する歌」をめぐって」の二つでした。

 学生達だけでなく、一般の方々もたくさんおいでになり、ご講演は立ち見も出る大盛況でした。



展示風景

立ち見の出るほど盛況な講演



坂本信幸 氏(高岡市万葉歴史館館長)

坂本信幸 氏(高岡市万葉歴史館館長)



鉄野昌弘 氏(東京大学教授)

家持(やかもち)くん(高岡市)



高岡市





講演会・公開講座お知らせ