日本文学科

日本文化への造詣が深い、真の国際人を育てる

日本語および日本文学を探究し、その本質を把握することを目的としています。
人間の思考の根幹を形成する「言葉」を技術として磨き、
国際社会で日本文化の伝統を伝える担い手となる 人材、高度な専門的研究の基礎を身につけ、
学問発展に寄与できる人材を養成しています。

日本語・日本文学・文化へ
多方面からアプローチ

日本語・日本文学・文化への広い視野と創造的な研究姿勢を養うようにカリキュラムが構成されています。また、幅広い分野への造詣を深めるために、中国文学および思想・比較文学・図書館情報学・マスメディア論・日本語教育学などの科目も用意しています。

Next

自発的に調査・考察し
発信する力を重視

基礎力となる文学の学び方を身につけるため、1年次には必修授業として古典を「原典」で読み解きます。また、少人数制の演習を重視。学生自らが調査し発表する中で、思考力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力が向上します。

Next

活躍の場を広げる
教養と文章力

本学科で培う豊かな教養と、さまざまな文学作品の鑑賞・批評および創作の実践で身につく文章表現力は、将来どの分野へ進んでも役立ちます。専門を生かすキャリアでは、中高教員(国語)、日本語教員、放送・出版関連、司書、学芸員などへの門戸が開かれています。

Next

取得可能な資格

  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(国語)
  • 学校図書館司書教諭
  • 司書
  • 博物館学芸員
    【日本語教員養成講座】開設

※本学の日本語教員養成講座は大学が認定する資格の講座で、日本文学科をはじめ、全学科に開かれています。本講座は日本語教授法・日本語学・言語学・心理学などの授業によって成り立ち、日本語・日本文化を外からの視点で見る見方を養います。3年次には外国人学生を対象とする教育実習も行います。

NEWS