メニュー


大場 昌子 教授

20世紀アメリカで書かれた小説、中でもユダヤ系アメリカ人といわれる人々の作品について、その時代や社会との関わりを中心に研究している。

川端 康雄 教授

ウィリアム・モリスとジョージ・オーウェルの二人の仕事を読み直す作業を通して、現代の社会、文化、芸術をめぐるさまざまな問題を考える。



坂田 薫子 教授

19世紀ヴィクトリア朝のイギリス文学・文化研究(特にトーマス・ハーディ)。ジェンダー研究やジェイン・オースティン以降の女流作家研究も進めている。

佐藤 和哉 教授

産業革命以前のイギリスで、民衆は何をどのように読んでいたかを勉強しているが、文化を研究すること全般が関心の対象である。
[ 動画 ]



Ann Slater 教授

I specialize in contemporary American fiction and comparative literature, especially multicultural writers and the theme of identity.
[ Movie ]

藤井 洋子 教授

英語や日本語の会話や様々な言語事象を観察し、ことばと人間、文化の関わりや異文化コミュニケーションについて研究している。



松森 晶子 教授

音やアクセントの観察を通じて、言語がどのような方向に変化していくのか、ことばの世代差や方言間の違いはどうして生じるのかについて研究。
[ 動画 ]

三神 和子 教授

児童文学を含めたイギリスの文学(19、20世紀)を中心に、イギリスの社会や文化について研究している。



内山 加奈枝 准教授

主にポール・オースターなど、アメリカの現代小説を研究している。その他、アメリカ映画、批評理論が興味の対象。

佐藤 達郎 准教授

シェイクスピアを中心とするイギリス・ルネサンス文学の研究を通じて、同時代のイギリス文化の構造を歴史的に考察することを目指している。



鈴木 喜和 准教授

ジョン・キーツを中心にイギリス・ロマン派の詩人を研究。テクストの生成に関わる文化・歴史的要因を精読と一次資料に基づいて調べる。

高梨 博子 准教授

ことばの相互行為の中で自発的に遊ぶことがどのような社会的意味を持っているのか、また、そこに生まれる新しいことばの形や意味に興味がある。
[ 動画 ]



馬場 聡 准教授

アメリカのカウンター・カルチャーとその周辺の文学作品を中心に研究している。

早野 薫 准教授

会話分析の方法を用いて、会話の構造、コンテクストと言語使用の関わり等を研究。英語学習者のコミュニケーション能力向上に向けての応用を目指す。



Douglas Forster 准教授

I teach a variety of English as a Foreign Language (EFL) courses with a particular emphasis on the cultural and linguistic aspects of American films.

藤永 康政 准教授

20世紀以降の北部都市におけるアフリカ系アメリカ人の自由を求める運動、いわゆる公民権運動やブラック・パワー運動を研究している。



Peter Robinson 准教授

Specializing in publishing history, my research particularly focuses on book advertising in the 18th century. I also teach thesis writing skills.

土屋 智子 講師

アメリカを「移民の国」と捉え、多人種、多文化が存在する中で、それらが共存の道を模索し続けるプロセスを研究している。



花角 聡美 助教

主にジョン・ラスキンの作品を通して、19世紀イギリスの労働観や環境思想を考察している。

増田 和香子 助教

アメリカの歌手マドンナを中心に、「越境」することの意味を考察している。大衆文化、ジェンダー、セクシュアリティが主な関心領域である。



町 沙恵子 助教

日本語・英語の会話に見られる様々な言語的・非言語的事象の比較分析を通して、コミュニケーションのスタイルと文化的背景との関連性を研究している。