メニュー


学位授与方針
(ディプロマ・ポリシー)



知識・理解



  • 英米を中心とした英語圏の文学、歴史、言語、文化、社会についての十分な専門的知識と教養教育で培われた知性により、自己と世界を広い視野から相対的・複眼的に捉えることができる。


思考・判断



  • 専門的知識と教養力を、本学の建学の精神と結びつけることにより、国際社会の一員として自立した生き方を切り拓いていくことができる。


関心・意欲・態度



  • 英米を中心とした英語圏の文学、歴史、言語、文化、社会への関心を深め、世界をとりまく諸問題に健全な批評精神を持って向き合い、更に発信する意欲と自覚を身に付けている。


技能・表現



  • 英語運用能力の基礎である「リスニング」「スピーキング」「リーディング」「ライティング」に習熟し、英語による正確で円滑なコミュニケーション力とプレゼンテーション力、文章表現力を身に付けている。


教育課程編成方針
(カリキュラム・ポリシー)




知識・理解



  • 基礎的英語力養成のための必修科目を置く。とりわけ「ライティング」については、ベーシック・ライティング(1年次)、アカデミック・ライティング(2年次)、卒業論文セミナーⅠ(3年次)、卒業論文セミナーⅡ(4年次)と、段階を踏んだ教育を行い、卒業論文(4年次)を学科での学修の集大成とする。


思考・判断



  • 学科専門分野(イギリス文学、イギリス文化研究、アメリカ文学、アメリカ研究、言語・英語研究)それぞれの講義科目と演習授業で原典資料に触れ、多様な解釈と方法論を学ぶことにより、読解力と分析力を養う。


関心・意欲・態度



  • 少人数クラス、演習授業での発表と討論を積み重ねることにより、問題意識を高め、課題に自発的に取り組む姿勢を育む。他人の発表への建設的批評力、自己に向けられた意見を謙虚に聴く力を養い、協調性と独創性をともに追求する態度を育てる。


技能・表現



  • 基礎的総合的な英語力養成に力を入れるが、とりわけ英語での「ライティング」と「プレゼンテーション」の訓練により、自らの思考を文章及び口頭で論理的に表現する力を養う。
  • 学科専門分野以外にも設置している科目群を履修することで、実務力と教養力の強化を図る。
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)の資格を取得するための専門科目を置く。
  • 早期英語教育の専門家を養成する。


入学者受入方針
(アドミッション・ポリシー)




知識・理解



  • より高度な英語力修得のために必要な英語に関する基本的な知識を身に付けている。
  • 英米を中心とした英語圏に関して基本的な知識を持ち、更に専門的な知識を身に付け、理解を深めたいと思う人。


思考・判断



  • 国際的視野とは何か、批判的にものごとを捉えるとはどのようなことか、思考し、学び、自ら発信する力をつけたいと思う人。


関心・意欲・態度



  • 英米を中心とした英語圏の文学、歴史、言語、文化、社会を学ぶことを通じて異文化への関心を高めるとともに、自己をとりまく世界についても見つめ直し、積極的に社会に貢献したいと考える人。
  • 将来英語圏の大学に留学し、国際的に活躍したいと考える人。


技能・表現



  • 英語運用能力の基礎を身に付けている人。
  • 社会的な視野のもとに自己表現ができるようになりたい人。
  • 中学校・高等学校教員一種免許状(英語)になりたい人。
  • 早期英語教育の専門家となって活躍したい人。
  • そのほか、日本語教員、司書、学校図書館司書教諭、博物館学芸員等の資格を取って、専門的に活躍したい人。