メニュー


学科卒業生増池宏子さん ニューヨーク報道写真大賞受賞



英文学科1994年卒業(アメリカ研究)の増池宏子さんが、ニューヨーク報道写真家連盟の「2010年度ニューヨーク報道写真大賞」、というとても名誉な賞を受賞されました。ニューヨーク州とその近辺の州の報道写真家が応募するコンテストで、今年も8,000枚の応募作品があり、その中の最優秀賞をとったものです。このコンテストは色々なカテゴリーに分かれていて、増池さんはその中の"General News"部門の第1位となり、さらに、全カテゴリーの第1位の作品と合わせて、そのなかでも第1位に選ばれたものです。



増池さんは卒業後商社に就職しましたが、ピューリッツアー賞関連 の報道写真展を見る機会があり、これこそ自分のしたいことだと一念発起し、アメリカに留学して写真を学び、報道写真の分野に転身しました。現在フリーランスの写真家として活躍中で、しばしばNew York Timesの紙面を飾っています。



下記のアドレスから、ニューヨーク報道写真家協会のホームページを開くことができます。この賞の発表記事と授賞式の沢山の写真を見ることができます。
http://nyppa.org/content/nyppa-holds-annual-year-pictures-dinner