メニュー


関連資格



家政経済学科で学んだことが生かせる資格として次のようなものがあります。



消費生活アドバイザー(経産大臣認定)



消費生活アドバイザーの役割は、消費者と企業のパイプ役として、消費者の意向を企業経営に反映させるとともに、消費者に適切なアドバイスをすることです。
試験は年齢を問わず受験できます。試験科目は、(1)消費者問題、(2)消費者のための行政・法律知識、(3)消費者のための経済知識、(4)生活 基礎知識の4本柱となっています。毎年ではありませんが、消費者生活アドバイザー資格を取得している卒業生が約30名程います。その方たちの多くは、企業や消費者センターなどで活躍しています。家政経済学科では資格取得に向けたサポートを行っています。
他に、消費生活に関する資格として、次のものがありますが、詳しくは関連資料をご覧ください。



消費生活相談員



消費生活コンサルタント