メニュー


2017年度家政経済学会シンポジウム

「消費生活アドバイザーから見る、資格・仕事・学生生活」が開催



 11月25日(土)、新泉山館・大会議室にて、2017年度家政経済学会シンポジウム「消費生活アドバイザーから見る、資格・仕事・学生生活」が開催されました。本学非常勤講師の大矢野由美子先生による基調講演と、消費生活アドバイザー有資格者の本学卒業生らによるパネルディスカッションが行われ、この資格の意義や展望、仕事への活用事例、合格ノウハウに至るまで、幅広く議論されました。参加者からは「資格の存在は知っていたが、今回改めてその意義を知ることができた」「試験が難しいからと敬遠していたが、今回の話を聞いてチャレンジしてみようと思った」といった声が寄せられました。