メニュー


2017年10月5日 掲載



家政経済学会シンポジウム

「消費生活アドバイザーから見る、資格・仕事・学生生活」



 消費者と企業や行政の架け橋となり、私たちの生活をより良いものにしていくための資格として、「消費生活アドバイザー」があります。 2009年の消費者庁発足や2016年度からの国家資格(消費生活相談員)との連動もあり、今後ますますの活躍が期待される資格の一つです。 本学LLCでの受験講座の受講生数も伸びており、学生の関心も高まってきました。

そこで今年の家政経済学会では、この消費生活アドバイザーをテーマとするシンポジウムを企画いたしました。

 アドバイザー資格保有者の方々にご登壇いただき、本資格の来歴や魅力、学業と資格取得の両立、さらに実際のお仕事の様子など、さまざまな側面から消費生活アドバイザーについて語っていただきます。 学生・会場からの質疑応答も交えつつ、資格とキャリアのあり方について、会場のみなさんと考えていくきっかけを提供したいと思います。





日時

2017 (平成29) 年 11月 25日(土)

13 : 30~ 16 : 00

会場

日本女子大学 目白キャンパス

新泉山館・大会議室

目白キャンパスアクセス

目白キャンパスマップ

概要
  1. 1.開会
  2. 2.家政経済学科学科長 挨拶
  3. 3.講演

    「消費生活アドバイザーの歴史と展望」

  1. 講師:大矢野由美子氏

  1. 熊本県立大学 (旧:熊本女子大学)家政学部卒。消費生活アドバイザー。(財)対日貿易投資交流促進協会(旧MIPRO)調査研究員、(株)経済分析センター代表取締役、京都市市民活動総合センター センター長を経て、現在、日本女子大学非常勤講師、立川簡易裁判所民事調停員。

  1. 4.パネルディスカッション

    「消費生活アドバイザーはどう「役に立つ」のか」

  1. 司会:増茂智子氏

  1. パネリスト:久保田綾希氏、宮山華奈氏、

  1. 山本みか氏、亀本真由さん

  1. 5.質疑応答
  2. 6.閉会
参加対象者 どなたでもご参加いただけます
参加費 無料
お申込み方法 事前予約不要
主催 家政経済学会、日本女子大学 家政学部 家政経済学科
共催 日本女子大学 家政学部 家政経済学科「卒業生の会」
問合せ先

日本女子大学 家政学部 家政経済学科合同研究室

TEL : 03-5981-3502

Email : keizai@fc.jwu.ac.jp