メニュー


石川 孝重 教授

住宅や建物の構造安全性能と使用性能を感性と論理の融合で追求。建築主や居住者の安全教育(社会貢献)、建築と社会との関係にも取り組む。
[ 動画 ]

定行 まり子 教授

少子高齢化の社会問題を背景に、子どもや高齢者に主眼をおき、住居・地域における空間・環境と人々の生活・行動との関係性を研究。



佐藤 克志 教授

高齢社会における住環境・地域環境のデザイン、バリアフリー環境の効果の評価、アジア大平洋地域におけるバリアフリー環境の普及策などを研究。
[ 動画 ]

篠原 聡子 教授

集合住宅を中心に建築デザインの可能性を実際の設計活動やフィールドワークの中から探る。



平田 京子 教授

防災、住居の品質、安全性(構造安全性、防災、防犯など)、住宅の性能、住宅情報、リスクコミュニケーションを中心に国内外で研究に取り組む。

片山 伸也 准教授

住宅から都市まで、住空間の歴史的な形成過程とその社会的・文化的背景および、通りや広場、街並みなどの公共空間を研究。
[ 動画 ]



是澤 紀子 准教授

歴史的な都市・建築とそこでの居住環境、それらが生み出す景観を読み解き、土地の文脈を生かした保存・再生の在り方を探る。

細井 昭憲 准教授

環境の快適性と負荷削減を両立する技術を研究。自然エネルギーの活用、空調機器の効率評価が主な研究対象。持続可能な社会における自然と人の調和についても追及。



薬袋 奈美子 准教授

住まいとその周りやまちを、住む人が主体となって創る方法を模索している。遊び場、路地、緑、災害等を通した住空間の研究を行っている。住教育にも取り組む。
[ 動画 ]

宮 晶子 准教授

「感じること・知覚すること」「動くこと・行為すること」などの初源的な視点から人と人、人と場、人と空間の関係を考え、現代建築の可能性について設計を通して探究する。



江川 紀美子 助教

集合住宅や団地を地域の資産としてとらえ、地域施設との複合化などの手法でより良い住環境整備を実現する研究をしている。

辻 泰岳 助教

近現代の建築史・美術史。特にアジア太平洋戦争後(第二次世界大戦後)の芸術運動と展示空間に関する研究を行う。



宮原 真美子 助教

持ち家住宅を活用したオーナー参加型のシェア居住(ホームシェア)に着目し、単身者をベースとしたコミュニティ形成の在り方についての研究を行う。