住居学科

 住居学科とは、生活手段の3要素と言われる衣・食・住の一つである「住」に焦点を当てて、住生活全般に渡る諸問題について学術的に探究する学科です。住宅だけではなく、その周囲の近隣や地域環境を含めた全ての生活の場を対象として、子どもから高齢者まで、男性も女性も、障害の有無にかかわらず、安全かつ健康的に文化的な生活ができる場を生活者の視点に立って実現することを目標に、その探求と創造によって社会に貢献できる人材を養成しています。

居住環境デザイン専攻

快適な住生活をデザインするゼネラリストへ

居住環境をより良いものにするために、生活者の視点から住生活に関わる諸問題を分析。
住居や生活環境を歴史・文化、地域社会、地球環境まで幅広く学び、住まいづくり、まちづくり、
住宅政策に専門的に携わる人材を育成します。

あらゆる住環境を
多角的に研究

生活者の視点を大切に、多様化する現代のライフスタイル、住居の歴史・文化、さらに、地球環境の視点からも居住環境を考えます。また、社会の高齢化に伴い、福祉住環境に関する科目も多数設置し、住環境の総合的な理解力を養います。

Next

デザイン力・表現力を
段階的に養う科目が充実

建築の基礎的な設計力を養うと同時に、1・2年次からデザイン力、表現力を身につけるカリキュラムを重視。実習・見学などの実地的な学びも充実させ、インテリア、コミュニティ、バリアフリーなどの専門的なデザインが求められる科目も段階的に配置しています。

Next

インテリアからまちづくりまで女性の視点を生かす

住環境計画、住宅政策、住宅デザインなどに関する専門家的立場から、高齢化や福祉などの課題も解決し、住文化発展に貢献できる人材を育成します。将来は、建築士のほか、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーターなどの領域で活躍できます。

Next

建築デザイン専攻

質の高い生活空間を生み出すスペシャリストへ

私たちのあらゆる生活空間について、快適な住空間を計画し、デザインできる能力を養います。
学術的・技術的・芸術的側面から、住居、公共建築、都市に至る生活空間を学修し、
幅広い科学的な知識を備え、鋭い感性と深い思考力、豊かな表現力を培います。

建築家・デザイナー・技術者
それぞれの高い専門力を養成

建築学分野の教育に住生活学の視点を加え、高いデザイン力を培うだけでなく、構造、計画、設計、各分野の科目も充実させています。住居から都市までの生活空間を建築学的側面から学ぶことで、これまでにも多くの著名な女性建築家を輩出しています。

Next

実験・実習・見学授業
多様な授業が実践力を磨く

さまざまな設計課題や実験・演習に取り組み、建築設計者、技術者、プランナーなどの実務で通用する学びを展開。建築学の専門知識と技術に加え、生活空間に快適さをもたらす豊かな感性と表現力も身につけ、多様な建築・企画に対応できる実践力を磨きます。

Next

女性の感性と視点を
建築デザインへ生かす

実際の設計に生活者の視点を取り入れる実践力や表現力、生活者の視点に立ちながら居住思想をプレゼンテーションできる能力やコミュニケーション力を養います。確かな技術と女性ならではの感性を備えた創造性豊かな建築家・デザイナー・技術者を養成します。

Next

取得可能な資格

居住環境デザイン専攻

  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(家庭)
  • 学校図書館司書教諭
  • 司書
  • 博物館学芸員
  • 【受験資格】
  • 木造・二級建築士
  • 一級建築士(実務経験2年)
  • インテリアプランナー(登録は実経験2年後)

建築デザイン専攻

  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(家庭)
  • 学校図書館司書教諭
  • 司書
  • 博物館学芸員
  • 【受験資格】
  • 木造・二級建築士
  • 一級建築士(実務経験2年)
  • インテリアプランナー(登録は実経験2年後)

NEWS