メニュー


飯田 文子 教授

食味特性と官能評価─嗜好性の高い食品の美味しさ要素の検討─特に牛肉の調理法によるうま味成分の違いとカカオ豆の異なるチョコレートに関する研究。
[ 動画 ]

川澄 俊之 教授

微生物の機能・生態・環境適応機構・増殖と死滅などの基礎生物学的見地からの解明と、それに基づく食生活・食品衛生等への応用に関する研究を行う。



五関 正江 教授

「骨粗鬆症予防に関する研究」および「アルカリホスファターゼ機能発現の分子メカニズム」に関する研究。
[ 動画 ]

佐藤 和人 教授

臨床医学(内科学、リウマチ学)、臨床栄養学、免疫病理学。栄養と免疫の関係についてヒトや動物モデルを用いた研究。



新藤 一敏 教授

分析化学技術(単離精製・構造解析)を基盤とした、(1)食品に関連した新しい生理活性物質の探索、(2)生変換技術による新規有用物質の創製。

本間 健 教授

臨床糖尿病学、患者教育、ヘルシーメニューに関する調査・研究。



松月 弘恵 教授

Food Serviceにおける生産システム、利用者・従業員満足度や食事の効果等「給食のマネジメント」の研究を行っている。

丸山 千寿子 教授

特に動脈硬化性疾の危険因子である肥満・高血圧・糖尿病・脂質異常症・高ホモシステイン血症などの予防・治療のために、新しい栄養療法の開発と治療効果を高める教育法の開発研究を行っている。
[ 動画 ]



太田 正人 准教授

生化学、分子生物学を基盤とし、細胞生物学、発生生物学などの実験方法を取り入れた解析法の教育・開発を行なうと同時に、食物と生物の相互作用に関わる分子機構について研究を行なっている。

藤井 恵子 准教授

健康と環境に配慮した「食」を経済的に提供するために、新調理システムの活用法と未利用資源を用いた食品開発に関する研究を行っている。



松井 貞子 准教授

臨床現場での経験を有し、傷病者への栄養管理・栄養療法を専門としている。なかでも肝疾患の食事療法に関する調査・研究を行っている。

東田 寿子 特任准教授

臨床医学(糖尿病、脂質異常症、肥満症、甲状腺疾患)、臨床栄養学、妊娠糖尿病に関する疫学的研究を行っている。



佐古 隆之 講師

運動生理学、身体運動など、ヒトを対象とした①全身および骨格筋のエネルギー代謝、②脳血流動態に対する運動、メンタルストレスおよび味覚刺激の影響についての研究。

髙橋 京子 講師

食品成分の分析に関して研究している。特に食品中の微量成分である香気成分について同定・定量および香気寄与成分の解明を行っている。



飯村 九林 助教

分子生物学や組織学を利用して、石灰化組織の形成機構に関する研究を進めている。

今井 敦子 助教

栄養と免疫の関係(特に母親の妊娠中の栄養の偏りや糖尿病などの代謝異常が出生子の免疫・アレルギーや代謝機能にどのように影響するか)について研究している。



亀山 詞子 助教

糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の予防と治療のための効果的な食事療法について、特に料理の組み合わせに焦点を当てた研究を行っている。

山田 麻子 助教

主に食生活や身体活動の骨代謝へ及ぼす影響についての研究を行い、さらに骨粗鬆症予防のための啓発運動や食生活支援活動などに取り組んでいる。