メニュー


第4回「カルローズ」料理コンテスト2016の学生部門にて本学食物学科学生が優秀賞を受賞



 第4回「カルローズ」料理コンテスト2016(USAライス連合会主催)の学生部門にて、本学食物学科食物学専攻3年次の石川友利加さんが優秀賞を受賞しました。カルローズは日本米とタイ米の中間にあたるお米で、アメリカ・カリフォルニア州で広く栽培され、カリフォルニア生まれの新感覚ライスとして販売されています。

 今年は『マリアージュ~食材として生かすカルローズ~』というテーマのもと、おコメを「食材」の一つとして取り入れる、新感覚、新タイプのカルローズメニューとしてオリジナルレシピが募集され、学生部門の応募総数394作品の中から3作品が優秀賞に選ばれました。

 石川友利加さんの作品は「カラフロールズ」で、多種類の食材とカルローズを生春巻きに仕上げています。まさにカラフルなメニューで、サブテーマの「ランチに食べたいワンプレート」にぴったりな一品となっています。本学では、カルローズレシピコンテストで学生部門の優秀賞を受賞するのは、これで3年連続(4名受賞)です。