食物学科

 食生活は人々が健康で心身ともに豊かな社会を創造するための基礎となるものです。毎日の食生活は家庭、地域、職業、文化等に規定され、ひいては地球規模での自然・社会環境に左右されます。食物学科では、食を通して命を守り社会に貢献できる専門家の養成を目指し、食品学、栄養学、調理学、医学などの基礎的専門分野を修め、それらを生活に応用して発展させる力を養います。本学の食物学科には、食を科学しコーディネートする食物学専攻と、健康・医療分野の専門家養成のための管理栄養士専攻の2専攻があります。

食物学専攻

「食」を科学するスペシャリストを育成

講義・実験・実習を通して、「食」全般に関わる知識や技術を習得します。
現代人の食生活や社会問題をふまえながら、食生活・栄養・ライフスタイルのあり方を考え、
「食」を科学してコーディネートできるスペシャリストを育成しています。

実践的カリキュラムで
知識と技術を習得

基礎を重視し、「食」に関わる広範囲な領域を幅広く学びます。1・2年次は実習や実験を通して基礎知識・実験技術を身につけ、3年次以降で専門科目をバランス良く学べるようにカリキュラムが組まれています。

Next

「食」のさまざまな課題を
追究し解明する

食品素材の特徴、食品の生産・加工・貯蔵・変性・安全性、調理、食物のおいしさ・機能、食文化、フードコーディネートなど、「食」に関わるさまざまな課題を研究し追究します。広範なテーマを科学的に解明していきます。

Next

さまざまな資格取得が
将来を広げる

食品関係企業の食品開発・研究職など、食物に関わる職業に広く対応できる教育・研究を行っています。また、教職課程を履修して必要な単位を修得すれば、中高教諭(家庭科)の免許や、3年次には「フードスペシャリスト」の受験資格も得られます。

Next

管理栄養士専攻

栄養面から健康を支える管理栄養士を目指す

現代人の健康を栄養面からサポートする専門家を養成。
卒業と同時に栄養士免許が得られ、管理栄養士国家試験の受験資格も取得できます。
栄養管理・教育を行う医療職の一員として、現場で求められる実践能力と創造性を養います。

学問的土台となる
基礎科目を重視

栄養学、食品学、調理学、医学の各分野を講義と豊富な実験・実習で学び、栄養の専門家として必要となる基礎知識と技術を習得します。グループワークではチーム医療で必要とされるマネジメント能力やコミュニケーション能力も養います。

Next

医療職の一員としての
自覚を育てる

臨床医学、臨床栄養学、公衆栄養学、栄養教育論などに関する専門知識を学びつつ、医療職の一員としての自覚と責任感を育てます。また、臨地実習では実践能力を養い、医療現場などで責任ある職務を遂行できる栄養の専門家としての資質を培います。

Next

活躍が期待される
さまざまなフィールド

卒業と同時に栄養士免許が得られ、医療、福祉、教育、行政、産業、スポーツ、研究分野などの多分野で活躍できます。また、栄養教諭資格を取得すれば教育機関で食育の専門家になることが可能です。さらに、大学院へ進学し高度な研究に携わる道も開けています。

Next

取得可能な資格

食物学専攻

  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(家庭)
  • 学校図書館司書教諭
  • 司書
  • 博物館学芸員
  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員
  • 【受験資格】
  • フードスペシャリスト

管理栄養士専攻

  • 栄養士
  • 栄養教諭一種免許状
  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員
  • 司書
  • 博物館学芸員
  • 【受験資格】
  • 管理栄養士

NEWS