メニュー


大塚 美智子 教授

超高齢社会に貢献できるパーソナル対応の衣服設計を目指し、様々な年代、身体条件の人々の体型分析、動作解析、パターン、デザイン研究を進めている。

多屋 淑子 教授

衣服内の環境を制御し、快適で美しい衣服設計を目指す。地上から宇宙、障害者から健常者に至るすべての人の生活支援の研究を行う。
[ 動画 ]



細川 幸一 教授

消費者が安全に暮らせるための政策や行政のあり方を研究。また、消費者自らの社会や環境に対する責任のあり方を探る。

増子 富美 教授

生活を科学するという視点にたって、各種繊維製品の取扱い、洗浄及び繊維の燃焼性、植物染料染色について研究している。
[ 動画 ]



森 理恵 教授

日本の服飾や染織についての研究。とくに、「きもの」の前身とされる「小袖」のデザインの移り変わりや「きもの」の近代化について研究を進めている。

横井 孝志 教授

人間工学や感性工学の方法を用いて人の姿勢・動作、生理、感覚・知覚、感性などの人間特性を計測し、被服の設計や評価に応用する研究を行っている。



内村 理奈 准教授

西洋服飾文化史を研究。主にヨーロッパの宮廷や社交界にみられるファッションのエチケットの社会的意味について、同時代の文献(作法書、雑誌、文学作品等)や絵画などの資料を駆使して読み解いている。

佐々木 一茂 准教授

さまざまな環境下での人体および衣服の機能性・快適性を生理学的に評価する方法の開発と、その健康科学・被服学分野への応用について研究を行う。



松梨 久仁子 准教授

衣服の素材である繊維、糸、布地について、物理的特性と実際の衣服や繊維製品において発現する性質との関係について研究している。また、縫製加工における諸問題の技術的解明にも取り組む。

武本 歩未 助教

快適で機能的な衣服設計のために、人体の形態と動きに着目し、三次元計測や動作解析、CADを用いた体型分析、衣服パターンについて研究を行っている。



山形 高司 助教

乳酸が生体に及ぼす影響やエネルギー代謝など運動生理学的な研究を中心に行う。また、運動や被服がストレス・睡眠に与える影響について研究する。