メニュー


シンポジウム「被服学の未来(家政学部学術交流事業)」



 本学の家政学部は、生活の科学を学び、生活の質を向上させ社会をより豊かにする力を持つ人材の育成を目的の1つとしています。

 この度、家政学部の1領域を担う被服学科では、目まぐるしく変化する現在の生活環境の中で、これからの社会に貢献するための「被服学」の有り方について考えるシンポジウムを開催することといたしました。 本シンポジウムは、第一部では被服学分野を有する5つの大学の現状や課題そして今後についての講演、第二部ではパネルディスカッションと情報交換会を予定しております。

 本シンポジウムを通して、魅力ある「被服学の未来」につなげていきたいと考えておりますので、被服学に関心を持たれる多くの方のご参加をお待ちしております。





日時

2016 (平成28) 年 12月 3日(土)

13 : 30 ~ 18 : 00 (開場:13 : 00)

会場

日本女子大学 目白キャンパス 新泉山館 2階会議室3、4

目白キャンパスアクセス

目白キャンパスマップ

概要

被服学を展開する5つの大学の先生方からの講演と情報交換

 

13:00 - 開場

13:30 - 講演

「被服学の過去・現在・未来」

城島 栄一郎

実践女子大学 生活科学部 教授

 

「お茶の水女子大学における被服教育の現状と課題」

新實 五穂

お茶の水女子大学 生活科学部 助教

 

「被服学を学ぶ学生の就職と教育-金城学学院大学の学生から考える-」

青山 喜久子

金城学院大学 生活環境学部 教授

 

「被服学と情報学が手を携える未来」

才脇 直樹

奈良女子大学 生活環境学部 教授

 

「被服学のアイデンティティを考える」

細川 幸一

日本女子大学 家政学部 教授

 

司会 : 大塚 美智子

日本女子大学 家政学部 教授

 

15:10 - 休憩

15:20 - パネルディスカッション

16:30 - 情報交換会

18:00 - 終了

参加対象者

被服学に関心のある方

(一般、卒業生、学生)

参加費 無料
お申込み方法 お名前・ご所属を明記の上、問合わせ先のメールアドレスまでご連絡ください
主催 日本女子大学 家政学部 被服学科
共催 日本女子大学 家政学部 学術交流事業
問合せ先

日本女子大学 家政学部 被服学科

担当:大塚 美智子)

Email : hihukujwu@fc.jwu.ac.jp