メニュー


日本繊維製品消費科学会で学会賞受賞



 被服学科の松梨久仁子准教授と谷祥子学術研究員が、2016年度の日本繊維製品消費科学会学会賞(論文賞)を連名受賞しました。この賞は繊維製品消費科学について精力的に優秀な研究を行い、その業績を学会誌に発表し、繊維製品消費科学の進歩に著しく貢献があった学会員に対して授与されるものです。

 受賞対象となった研究テーマは「カーテン形状並びにすくい縫いミシン縫製に関する研究」で、6月25日の年次大会総会において授賞式が行われました。