メニュー


卒業論文発表会の開催~生活に役立つ被服学科の研究~



 2015年2月10日(火)に被服学科の卒業論文発表会が開催され、76演題が発表されました。主な卒業論文タイトルは以下のとおり多岐にわたりました。



服飾美学研究室(佐々井研)



  • ウェディングドレス―19世紀西欧、アジア圏を中心に―
  • 1875年から1895年の服飾の変遷―Myra’s Journal より―
  • ヴィクトリア朝後期の子どもファンシードレス~雑誌THE QUEENより~




染織文化研究室(森研)



  • 浴衣用途の変遷―時代の流行から見る考察―
  • 雑誌『婦人画報』からみる大正時代の着物と帯の組み合わせ方
  • ベトナムの民族衣装アオザイにおけるフランスの影響




衣材料学研究室(島崎研)



  • 縫い目部分の触感評価の基礎的研究
  • 差動送り縫製によるニット特性と送り効果
  • 快適素材の吸水性評価法の検討




被服整理学・染色加工学研究室(増子研)



  • 布に残留する洗剤量の検討―繰り返し洗濯の影響―




被服構成学研究室(大塚研)



  • サイズと動作適合性を考慮した安全な子ども服の提案
  • 女子大生のための下半身着痩せパンツの提案
  • マタニティ用サポート下着に関する調査
  • 高齢者向けブラジャーの快適性に関する研究




被服人間工学研究室(横井研)



  • ボタンの形状が高齢者のボタンかけはずし動作に及ぼす影響
  • 日本女子大学主要施設の座席の座り心地とその要因
  • 色カテゴリー性を利用した配色技術




衣環境学研究室(多屋研)



  • 手足末梢部の類被服の保温効果と温熱的快適性の検討
  • 東日本大震災被災地の現地調査による災害時に必要な衣生活用品の検討
  • ヘアースタイルが衣環境へ与える影響




運動環境生理学研究室(佐々木研)



  • アンダーウェアの違いは体温調節に影響するか?~冬の運動時における検討~
  • 機能性スポーツウェア(トップス)が筋活動に及ぼす効果~歩行時の腕振りに着目して~
  • 日焼け対策ウェアの有効性について~皮膚温と紫外線透過量に着目して~




消費生活研究室(細川研)



  • ファッション業界における“コラボレーション”が及ぼす効果
  • 日本における韓国ファッションの影響
  • フリマアプリの現状と今後の展望
  • 日本におけるハロウィン消費の今後を考える




 発表会終了後4年次アドバイザーの佐々井先生からは被服学科の卒業研究は生活に役立つものが中心となっていることの素晴らしさについて語られ、学生の努力を労いました。