被服学科

科学的・文化的視点から被服と衣生活を創造する

生活環境が著しく変化する現代において、時代に即した被服のあり方とは何かを
科学的・文化的視点から総合的に追究します。
より良い人間生活の向上に役立つ被服を創造することで、
繊維・ファッション業界などの多彩な分野で活躍し、社会に貢献できる人材を育成します。

被服学の本質を学び
総合力を身につける

広い視野から被服を理解するために、被服素材、デザイン・生産、文化、流通・消費に関する幅広い科目を配置。講義科目と実験・実習・演習科目をバランスよく配置したカリキュラムで、被服のスペシャリストとしての総合力を身につけます。

Next

目標実現のための
コース制を採用

将来の目標を実現させるために、科目履修のガイドラインとなるコース制を採用。①テキスタイルサイエンス ②ファッションデザイン ③テキスタイルアートの3コースからなり、入学後に自由に選択して学習効率を高めます。

Next

多彩なカリキュラムで
資格取得をサポート

「繊維製品品質管理士(TES)」、「パターンメーキング技術検定」など、繊維やファッション業界必携の資格取得もサポートしています。所定の科目単位を修得すれば「衣料管理士(TA)一級」の資格取得も可能です。

Next

取得可能な資格

  • 衣料管理士(一級)
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(家庭)
  • 学校図書館司書教諭
  • 司書
  • 博物館学芸員
  • 【関連資格】
  • 繊維製品品質管理士(TES)

NEWS