メニュー


授賞対象



東京R不動産



授賞理由



東京R不動産のインターネットサイトを通じて建築・不動産の新たな価値を発見し、情報発信する取り組みに対して



 建築・住居の品質について、よりよいものをつくることを設計者は常に意識しているが、それらの価値の発信はこれまで不動産会社を通した、マーケティング重視の思考で発信されてきた。マンションなどでは豪華で都会的なライフスタイルと利便性の提案、多くの設備機器の設置等が情報の中心となり、間取りや立地、住環境の価値については、多くの消費者に受け入れられる一般性を重視した情報発信がなされている。それらにこだわることなく本事業は、立地・住環境・建築としての新たな価値を見いだし、その土地に住むこと、働くことに対する新たな視点から建築物の価値を発見している。そして関心をもつ人々にユニークな形で情報発信するメディアとして活動を重ねてきた。それらの活動範囲・影響は東京にとどまらず、さまざまな地域へと広がっている。これらの先進性から、本事業がもつ新たな開拓者としての役割は大いに評価される。



 また建築・デザイン・住宅などの多様な分野からアプローチし、建築・不動産・マーケティング等を包括的に取り扱うディレクターがプロジェクトを推進し、それぞれの業界の境界を超越している。こうした新たな形で提案する取り組みをする人々、新たな価値を発見し伝えるコミュニケーター、コーディネーターとしての専門家を生み出したことは、これまでに存在していなかった職域・職能を生み出している点でも評価される。



 このように常に独創的な視点で不動産・住居の価値を発見し、新たな住まい方、賃貸住宅などが生まれることは、多様で豊かな住生活につながる。これらの点は、本学住居学科の常に生活者の視点から豊かな環境を創造しようとする家政学の理念にも合致している。
 これらの点から、東京R不動産という情報発信メディアの先進性、組織としての働き方のオリジナリティ、専門家としての職能の創造などの面について高く評価する。


 以上の理由により家政学部賞を授与する。