家政学部

生活を「科学」し、人類の豊かな幸福をつくり上げる

 家政学は“ 生活を科学する”、すなわち生活の質の向上と人類の健康、安全、福祉に貢献 する実践的総合科学(サイエンス)です。生活者であることに立脚し、人間生活とその環境を 追究することで人類の幸福に貢献する実践的な学問といえます。日本女子大学家政学部の五つ の学科(児童、食物、住居、被服、家政経済)で学ぶ事柄は、すべて私たちの身近な生活 を素材にしたものです。それを自然科学的、人文科学的、社会科学的に探究し、理論を実 生活に応用することにより、職業的能力など自分自身の「生きる力」を大きく発展させ、社会をよ り豊かにする力をも養うことができるはずです。国際化、少子高齢化など大きな転換の時代を担 っていく皆さんに、こうした意味を持つ家政学部の諸分野を是非学んでいただきたいと思います。

女性の視点を生かす
確かな方法論

社会でも家庭でも「良き生活者」であることをテーマにその両方のバランス力を養いながら、女性の視点を生かす確かな方法論を学びます。

Next

創立時から存在した
もっとも伝統ある学部

創立時から存在したもっとも伝統ある学部のひとつ。これまでにも多くの指導的立場にある人材を世に送り出しています。

Next

時代のニーズに合わせた
カリキュラムが充実

児童、食物、住居、被服、家政経済の5つの学科から成り、時代のニーズに合わせたカリキュラムをそれぞれ充実させています。

Next

カリキュラム 家政学部

教養特別講義

生涯のキャリアを意識し、人格と教養に磨きをかける

基礎科目

現代の社会人として必要な基礎知識や常識を身につける

教養科目

幅広い領域の教養に触れ、批評精神を持ち思考する力を養う

キャリア形成科目

実際の就業体験を通じて将来のキャリアデザイン設計に向けて職業観を育成する

学部共通科目

生活を創造する複合領域科学である家政学の全体像と魅力を学ぶ

学科科目

生活を基盤とした先端領域までを深く学び、より豊かで輝かしい生活世界を創造する

資格関係科目

資格取得へのチャレンジで、大学生活がより充実

自由選択科目

他学部、他大学の科目履修で、ものの見方がさらに広がる

留学生科目

体験しながら「日本」を学ぶ外国人留学生のために、 外国人留学生科目、交換留学生科目も置かれています

副専攻

家政学部コース制(ハイロード単位群)

目白キャンパス
3学部副専攻

現代女性とキャリア連携専攻

NEWS