メニュー


真理は無限の彼方にあるわけではない

勇気を持って未知のことに挑戦しよう



 20世紀の自然科学の著しい進歩は、人類に多くのものをもたらしましたが、その中には負の遺産もすくなからずありました。とくに、相対性理論に見られるパラダイムの変換、コンピュータや量子力学が社会にもたらした物質的影響には底知れないものがあります。
 21世紀に入った現在、これら自然科学の成果を正しく社会に還元できるためには、私たち自身がその知識を正しく理解できている必要があります。本専攻では、その一端を支えてきた数理科学的な考え方、とくに数学、物理、情報の基礎知識を横断的に組織化した学問を教育・研究の対象としているといってよいでしょう。
 過去、10年の我が国のデータで見る限り、自然科学に進む女性の割合は1割5分弱と横ばいの状況です。私たちの大学院は歴史的にも、他大学の協力も得て、この割合を5割を超えるところまで引き上げる使命を担わされていると考えています。そのためには、学問の楽しさ、厳しさだけでなく、情報の発信の仕方、受け方、その社会的意義などについて、女性の目を通した議論と思索を日頃から繰り返し、複眼的で社会的な視点をもつ研究者を、家庭から職場まで、幅広く育てていきたいと考えております。





人材養成・
教育研究上の目的

 本専攻は、数学、物理、および数学・物理に関係する情報の分野において、女性科学者・女性技術者として活躍するための専門性を深め、さらに理論と実験のそれぞれの面から研究・開発を推進できる能力をもつ人材を養成することを目的とします。

取得可能な資格



カリキュラム構成

 カリキュラムにはゼミと講義の2つがあります。ゼミでは教員の指導のもと、実験なども含めて専門の研究を行います。講義は数理構造、数理・物理情報、構造物性の3つの領域に分かれています。数学系では、時にはコンピューターによる実験、シミュレーションなども含めて、代数学、幾何学、解析学、統計学や確率論などの分野があります。物理系では物理学の基礎をなす電磁気、熱・統計、量子力学などの特論やこれらを応用した各種物性に関する講義やゼミがあります。また、情報関連としてコンピューターのハード、ソフト、通信に関する講義やゼミがあります。



数理・物性構造科学専攻専任教員 紹介



氏名研究テーマ
愛木 豊彦 教授 【非線形偏微分方程式の解析】
建造物のコンクリート中性化や形状記憶合金で作ったバネなどの現象を記述する非線形偏微分方程式のシステムについて研究しています。
秋本 晃一 教授 【表面・界面物理】
さまざまな現象があらわれ、応用上も重要な半導体や金属の表面・界面の構造やひずみに関する研究をシンクロトロン放射光や電子線を使って行っています。
小川 賀代 教授 【自由空間通信システム、情報システム】
光通信の大気伝搬特性の解析、時分割による多元接続の検討やデータマイニングによるeラーニング、eポートフォリオを活用した人材育成システムの開発を行っています。
奥村 幸子 教授 【電波天文学】
電波天文学が専門で、分子ガスの観測による銀河の進化を研究しています。観測データの較正法や画像解析を通して観測システムの高精度化の研究も行っています。
栗原 章 教授 【整数論、保型関数論、代数学】
志村曲線などの代数曲線のいろいろな性質に注目しています。p進体や有限体上の代数曲線を対象としてコンピューターも用いていろいろな実験をしています。
今野 良彦 教授 【数理統計学、多変量解析】
さまざまな情報の溢れる現代社会で、必要な情報を科学的に抽出するための手法の体系と理論である統計学の数理的な側面を研究しています。
島田 良子 教授 【光物性】
ワイドギャップ半導体と有機発光材料によるヘテロ構造を作製し、無機と有機励起子間のハイブリッド効果に関する研究を行っています。
東海林 まゆみ 教授 【数値解析】
さまざまな現象を理解するため微分方程式、特に理論解析が困難な問題をコンピューターで数値計算し結果をCGで描画して解析研究を行っています。
中島 徹 教授 【代数幾何、符号理論、暗号理論 等】
多項式の零点として得られる代数多様体の幾何学とその符号理論、暗号理論への応用について研究しています。
長橋 宏 教授 【機械学習、画像情報処理】
AI研究の中で重要な役割を果たす機械学習の応用について研究を行っている。特に、生体医用画像の解析や分類・識別・理解などへの応用に関心を持っている。
長谷川 治久 教授 【情報通信ネットワーク】
情報通信ネットワークにおける情報の流れ(トラヒック)を評価、可視化し、ネットワークの性能と品質を高めるための制御法について研究を行っています。
濱部 勝 教授 【天文学、天文情報処理】
銀河天文学および画像処理を主とする天文情報処理を専門に行っています。銀河団の測光による銀河団および銀河の大局的構造の研究や小惑星の観測的研究も行っています。
林 忠一郎 教授 【結び目と3次元多様体】
結び目は3次元空間内の絡まった輪。連続的に動かしても同じ結び目。 g個穴ドーナツ2つを表面同士で貼り合わせ3次元多様体を得ます。貼り合わせ方は無限。
石黒 亮輔 准教授 【低温物理学】
低温物理学が専門で、微細加工で作成する超伝導接合を舞台にし、巨視的量子現象に関する研究を行っています。
夏井 利恵 准教授 【エルゴード理論、力学系理論】
解析学の中でも、特にエルゴード理論が専門分野であり、様々な具体的モデルの可測力学系を対象に、主に確率論や数論からのアプローチで研究を行っています。
藤田 玄 准教授 【微分幾何、シンプレクティック幾何】
多様体とよばれる高次元の曲がった図形の性質を微積分を駆使して調べています。特に、物理学とも関係するシンプレクティック多様体と呼ばれるものを研究しています。
横田 祐介 准教授 【センサーネットワークシステム】
多数の超小型計算機が分散・強調して動作するセンサーネットワークシステムの研究と開発を行っています。
村岡 梓 講師 【計算物理、計算分子科学】
物質の電子状態を第一原理計算により解明し、分子物理・分子物性の理論的研究を行います。


修了後の主な就職先



東芝、日立製作所、日本電気、三菱電機、日産自動車、三菱自動車工業、大日本印刷、 富士通、キヤノン、東日本旅客鉄道、日本銀行、 NTTドコモ、ソニー、住友電気工業、東日本電信電話、KDDI、浜松ホトニクス、オリンパス、ヤフー、中高教員(東京都、愛知県、長野県、その他私立中高等) など