メニュー



物質と生物の機能を探求することを通して、高度な学識と研究能力を養う


 本専攻では、物質とその存在形態の一つである生物の多様な機能について、分子、分子複合体、細胞、生物個体などの各階層を縦断的に対象として研究と教育をおこないます。そのために、各階層に立脚した、専門性を異にする化学分野と生物分野の研究室を配置するとともに、それら相互の有機的協力が可能となるように配慮しています。本専攻は、次の三部門からなり、各部門はそれぞれの特徴を生かしつつ、相互の有機的協力の下に研究教育を行っています。

物質機能部門: 本部門では、物質を構成する基本的な要素に基づいて、物質の機能性発現の機構を微視的な観点から総合的に研究教育します。教員の主なテーマは、有機・無機分子の反応動力学、レーザー分光法による光化学過程、X線を用いた分光法の開発、新規物性を持つ環状有機化合物、不斉合成反応の開発と応用、環境物質の動態解析、固液界面反応の解明と環境科学への応用などです。

細胞分子機能部門: 本部門では、生命体の基本をなす細胞を対象として、その多彩な構造と機能およびその分化と発現機構を、有機化学的、物理化学的、細胞生物学的手法を用いて研究教育します。教員の主な研究テーマは、生体分子のNMRによる解析、細胞の超微構造と機能発現、DNA複製の制御機構、動物発生の分子機構、高等植物の遺伝子操作などです。

生理分子機能部門: 本部門では、生命体の基本である遺伝物質が生理活性物質によって如何に制御されて増殖、成長、分化、行動等の生体反応を引き起こすかを個体、細胞および分子レベルから探求します。教員の主な研究テーマは、脊椎動物の神経行動学、植物の生殖生理学、微生物が作るタンパク質の構造と機能の解析、植物器官の形態進化機構などです。





人材養成・
教育研究上の目的

 本専攻は、物質科学および生物科学が対象とする広範な教育研究分野の中で、機能という共通の断面で物質科学・生物科学をとらえ、無機物質、有機物質、細胞、個体などの機能を広範囲にわたり探求していくことのできる人材を養成することを目的とします。

取得可能な資格



カリキュラム構成

 授業科目は、「物質機能」、「細胞分子機能」、「生理分子機能」の各系列に加えて、特別講義、演習、特別研究からなり、学生は各分野の高度な専門知識と研究方法を学ぶとともに、教員の個別指導により独自の研究を実施します。また、学外から招いた講師による演習、特別講義、特別実習などの授業により、より幅広い分野の最先端の研究について学ぶことができます。さらに、お茶の水女子大学、学習院大学をはじめとする他大学の研究科と の単位互換により、本研究科では充当できない分野の授業も履修可能です。



物質・生物機能科学専攻専任教員(特別研究担当者)紹介



氏名研究テーマ
今城 尚志 教授 【化学反応速度論、分子分光学】
気相における遷移金属を含むラジカルの反応速度をレーザー分光法を用いて測定し、分子軌道の形と反応性の関連を研究しています。
菅野 靖史 教授 【応用微生物、タンパク質工学】
微生物の持つ機能、特に広い意味でヒトと関わりの深いタンパク質に注目して、その生理的役割や構造を解析し、応用展開を目指しています。
関本 弘之 教授 【植物生理学】
陸上植物と近縁な藻類であるミカヅキモを主な研究対象として、その有性生殖機構を、生理学、生化学、分子系統学、分子生物学的手法により解析します。
武村 裕之 教授 【構造有機化学】
当研究室では大環状化合物を基礎とした新しい分子の合成とその性質を研究しています。
永田 三郎 教授 【発生生物学】
アフリカツメガエルを実験モデルとして、糖鎖結合タンパク質であるレクチンの胚発生と自然免疫における役割を調べています。
永田 典子 教授 【植物細胞生物学】
植物の生活環を通してさまざまに分化する細胞内オルガネラの動態・構造・機能について、電子顕微鏡等の微細構造学的手法を用いて解析します。
林 久史 教授 【X線分光学】
X線を利用した新しい分析法の開発と、それを用いた機能性材料や生体試料の解析が研究テーマ。特にX線非弾性散乱や発光の化学効果に着目しています。
宮崎 あかね 教授 【無機・環境化学】
環境化学に関連する固液界面反応についての研究。粘土鉱物に対する重金属イオンの吸着反応や、金属ナノ粒子担持触媒による水の浄化などを扱います。
宮本 武典 教授 【生体情報科学】
味覚情報の受容、伝達、統合に関する分子機構を、神経生理学および行動学的方法によって解析。味覚という感覚系を通して動物行動を理解します。
和賀 祥 教授 【DNA複製の分子生物学】
ヒト培養細胞、カエル卵およびEBウイルスDNAを用いて、真核生物DNA複製の分子機構や複製開始点の形成機構に関する研究を行っています。
阿部 秀樹 准教授 【有機合成化学】
複雑な構造を有する生物活性天然物の全合成研究を行っています。それらの効率的な合成法を開発することで、さらに優れた機能性分子の創製を目指しています。
佐藤 香枝 准教授 【生物分析化学】
マイクロ流体デバイスを用いて血管などを模擬した擬似組織を構築します。また、微少空間の特性を利用した微量DNAの分析法を開発します。
深町 昌司 准教授 【遺伝学、進化学】
動物が持つ様々な形質(色や形、行動など)を支配する遺伝子の正体と機能を解明します。日本のメダカをモデルに、生物多様性進化の分子基盤に迫ります。
市川 さおり 講師 【生物物理化学、構造生物学】
生体高分子の立体構造と機能の関連を明らかにすることを目標とし、特にアレルゲンの構造・機能がアレルギー疾患発症に与える影響について研究を行います。
上田 実希 講師 【植物生理生態学・生態系生態学】
植物と環境の関係について、植物の器官スケールから生態系スケールまでの多様な視点から調べる。また、生態学的な手法を用いて、気候変動が生態系に及ぼす影響についても研究する。


修了後の主な就職先



オリンパスメディカルサイエンス、横浜市公立中学校教員、日産自動車、日本高周波鋼業、損保ジャパン日本興亜システムズ、東芝、理化学研究所、AR アドバンストテクノロジ、インフォテクノ朝日、サンドビック、コロマントカンパニー など