メニュー

研究科委員長からのメッセージ


物質・生物機能科学専攻 宮本武典教授

  大学院は、言うまでもなく研究の場です。研究には2つの側面があります。まず、研究は楽しくないといけません。興味の赴くままに、あれこれと考えを巡らし、新しい発見をする喜びは、研究者の特権です。一方、発見した事柄を、実験や議論を通して実証し、公開することによって、初めて真の研究と呼べるものになります。

 修士論文や博士論文は卒業研究とは異なり、副査の査読を受けることになりますから、研究内容にはより一層の論理性・独創性・創造性が要求されます。これをクリアするためには、綿密な実験計画と情報収集、徹底したデータ分析に基づく考察が必要になります。そのためには、何よりも生活の中心に、いつも研究を据えることが必要です。また、できる限り広範囲の分野に興味を持ち、数多くの原著論文に触れ、知識を広げる努力をしてください。国際学会、シンポジウム、講演会にも積極的に参加することをお薦めします。

 教員一同で最大限の支援をします。実り多き大学院生活を楽しんで下さい。