メニュー




博士論文





年度博士論文題目

2014
(平成26)

環境光への順応による運動知覚の変容(吉本 早苗)

2013
(平成25)

精神科医と慢性期統合失調症患者との治療関係と患者の治療アドヒアランスとの関連についての臨床心理学的研究  (下平 美智代)

2011
(平成23)

内分泌撹乱物質が神経行動発達に及ぼす影響評価とそのモデル開発 (中神 明子)
2010
(平成22)
青年期・成人期における子どもに対する養護性(nurturance)の発達と形成要因に関する心理学的研究 (楜澤 令子)
2009
(平成21)
乳児を持つ母親におけるタッチの心理学的研究 (新井 典子)
2008
(平成20)
表情の個性に顔の形態情報が及ぼす影響 (上田 彩子)
2006
(平成18)
日本語文法理解における生涯発達過程の研究 -日本語版文法理解テスト(J.COSS)の開発によって- (中川 佳子)
2005
(平成17)
特別養護老人ホーム入居者の生活適応の臨床心理学的研究 -’つながり’と’個人生活ルーチン’の形成と展開- (小倉 啓子)
格差のある集団間行動の認知的・動機的過程に関する研究 -社会的アイデンティティ理論を背景として- (松﨑 友世)
2004
(平成16)
聴覚における時間順序判断と系列的群化 (岡田 美苗)
2003
(平成15)
幼児における他者の心の理解の発達 -他者に関する認知的状態および行動の予測・因果的推測についての言語行動の分析を通して- (岩田 美保)
2002
(平成14)
「職業認識獲得モデル」の社会心理学的研究 (ハワード・素子)
2001
(平成13)
老齢ザルの位置再認における行動・認知方略に関する実験的研究 (久保 南海子)
3次元運動視の神経モデル (内田 真理子)
2000
(平成12)
多分割刺激呈示法を用いた仮視運動知覚の実験的研究 (栗木 礼子)


修士論文



年度修士論文題目
2014
(平成26)
就職活動における不採用に対する認知プロセスの検討
表情の認識と大脳半球の機能差について
相互依存関係に起因するいじめの特徴の検討
女子大学生の友人に対する自己開示の抵抗感
大学への所属満足感とその変化に関連する要因の検討
乳児期の母親から子へのタッチと母親の心理的要因との関連性の検討
家族との海外生活経験が大学生の精神的回復力に及ぼす影響

中学生の抑うつと対人関係の関連
―被受容感と心理的サポートに着目して―

乳幼児における共同注意の発達
―行動観察と選好注視による乳児発達健診課題の比較―

中学生における父母への愛着・友人への愛着・セルフコントロールと逸脱行動との関連

大学生の居場所と精神的健康との関連
― 一人でいられる能力と他者に対する意識や注意の視点から ―

質問紙調査による男女大学生の潜在的利き手と現象的利き手

5,6歳幼児の発話における格助詞と後置詞の使用
―絵本に対する物語発話の分析―

2013
(平成25)
被受容感と自己受容の関連性および,自己受容と対人認知の関連性
―自己受容測定にプロセスの視点を加えて―
大学新入生の友人関係の形成過程に関する縦断的研究
―女子大学生を対象とする半構造化面接を通して―
攻撃性と主張性の関係
―共分散構造分析を用いて
被服行動とセルフ・モニタリングの関連性
―被服印象と半構造化面接を通じて―
青年期の友人関係における主張行動からみた過剰適応傾向と精神的健康の関連
児童養護施設で暮らす子どもの言動や態度に対する支援者の視点
10代未婚で妊娠した女性が妊娠・出産、育児に適応していく過程
――周囲からのサポートに注目して――
フォーカシング的態度と抑うつ
―自己受容とストレッサーとの関連から―
中年期主婦のむなしさとそれに影響を及ぼす要因の検討
自己愛傾向の再検討
―自己愛的尊重欲求を主眼として―
中年期女性の視点からみた夫婦関係満足度
~期待充足度も考慮して~
飼育カニクイザルによるオスのパートナー選択実験
2012
(平成24)
対人ストレスコーピングにおける7つのコーピングタイプと柔軟性に関する研究
自尊感情と2つの領域とその関連
―基本的 ・ 社会的領域それぞれの特徴理解と支援検討―
乳幼児における食物に対する視覚的選好の検討
化粧判断の男女差と表情の影響
青年期女子の友人関係スタイルと望ましい「居場所」の関連
―心理的距離と同調性の側面からの検討―
女性不妊症患者の院内サポートグループによる交流体験についての検討
―不妊治療を受けている患者の語りから―
相談における話し手の体験と聴き手の認識
~やりとりのカテゴリー化と映像解析による検討~
小学校教師の資源としてのソーシャル ・ サポートとその実態
―サポートと提供者との組み合わせによる可能性―
中年期女性におけるライフコースとアイデンティティ、主観的幸福感の検討
―就業選択を中心として―
発達障害児を育てる母親の育児ストレスと情動的状態の関連
―日本版PSIと日本版POMSを用いた検討―
大学生における無気力の研究
―精神的回復力との関連および性別検討を加えて―
青年期の自己制御に影響を及ぼす心理的要因についての検討
母親のアタッチメント ・ スタイルと育児自己効力感の関連について
―子育てに関する解決策の入手先に着目して―
成長過程で母親の喪失を経験した女性の愛着スタイル
―重要な他者からのサポートに着目して―
女子学生のストレスの自覚がメンタルヘルスに与える影響
―生理的指標、主観的指標との関係性をめぐって―
薄明視下の運動知覚に関する実験心理学的研究
2011
(平成23)
女子大生の「対人関係の構築」に対するとらえ方の探索的検討 ―適応群・不適応群の群間比較を通して― 
子育て完全主義傾向が子育て不安へ及ぼす影響 ―インターネットによる情報収集行動に着目して―
組織風土の違いによる中学校教師の被援助志向性、援助要請行動の検討
発達障害児をもつ母親の健常児きょうだいに対する思いと母親の養育感におけるプロセス
青年期女性の親性準備性について ―就学前、成人期の愛着スタイル及びノンバーバルスキルとの関係―
自尊感情の揺れ動きに関する研究
小児がん経験者とその母親の語りから見る病気の捉え方
里子の充実感と安心感,基本的信頼感,不安感,行動に及ぼす里親のかかわりの影響
青年期アトピー性皮膚炎患者の疾患受容のプロセス
青年は集団体験からどのような影響を受け、現在、社会に適応しているのか ―語りから検討する意味づけのプロセス―
2010
(平成22)
妊娠期における妊婦の養護性と育児不安、育児ストレスの縦断的な変化
“屈折した甘え”を示す幼児に関わる大人への心理的サポート ―児童相談所一時保護所保育士の語りから考える―
母親の被援助志向性と育児不安の関連
対人関係パターンの差異に基づいて形成された学生グループの課題解決の様相について
自死遺族が家族との心理的つながりを再び見出し、絆を維持し続けていくプロセス
集団査定の可能性をめぐる実験的検討 ―対人関係訓練による集団の成熟度―
青年期のつきまといについて
ことばから受ける受容感と自尊感情の関係 ―受容予測、好意認知、帰属、援助要請可能性との関連性―
大学生における養育環境と強迫性格、及び大学生活不安の関連について
心理臨床家の語りから捉える不登校状態からの変化過程
職場における現代的な性差観に関する研究
時間志向性による時間的展望と罪悪感の在り方の検討
2009
(平成21)
ロール・レタリングの効果の検討 -共感性および自己受容の観点から-
親子間コミュニケーションと両親へのストレスとの関連について ~大学生を対象に性差と住環境差の検討~
初心の心理臨床家における感情労働の探索的研究
カウンセラーによる自己開示の実験的検討 -印象および来談意欲の点から-
青年期にみられる解離傾向の要因    
-子どもからみた母親による養育態度,青年期抑うつ,非主体性傾向との関連から-
ゼミコミュニティで過ごすことの意味 -合宿体験を通して-
過剰適応についての素因-ストレスモデルによる検討
居心地の良さの感覚とその獲得過程に関する探索的検討 -居場所が多様化する20代の青年の語りから-
児童に対する教師の視点 -教師用RCRTを用いての考察-
先天性心疾患児をもつ母親におけるレジリエンスを介した心理的適応プロセス
自由画描画とPDI(Post Drawing Interrogation)による感情変化 ~アレキシサイミア傾向との関連~
寮生の体験過程の心理的特徴をめぐって -自己実現を目指すY女子大学の寮支援の模索-
母親の体験過程を読み解く ~求められる支援の検討~
学習課題を用いたラット野外飼育場の環境エンリッチメント評価
2008
(平成20)
学校不適応感を経験することによる自己と他者に対しての意識の変化
いじめの原因帰属に影響を及ぼす集団性 ―加害者集団サイズと傍観者集団サイズの視点から―
動物家族画が家族・自己イメージに及ぼす影響
高等学校における院生ボランティア活動の報告と展望 ―場所と活動の意味を通して―
大学における子育て支援グループ参加を通しての母親の育児観変容プロセス
「ライフキャリア志向性」の尺度構成とそれに影響を及ぼす要因の検討 -日韓比較を通して-
アサーションロールプレイにおける内的体験プロセス
意味関係知識の新奇性が事象関連電位(N400)に及ぼす影響:意味プライミング効果からの検討
「合唱をする」ことの楽しさに関する心理・生理学的検討
スクールカウンセラーの困難事例に関する一考察 ―保護者対応を中心に―
青年が他者を捉える視点 ―RCRTによる分析及びRCRTを経験することの効果―
摂食障害からの回復と成長過程についての検討 ―個別事例の詳細について―
専門的心理的援助要請を抑制および促進する要因についての検討 ―メンタルヘルスの視点から―
注視と再認を規定する画像の空間特性 ―テキストと図を含む広告刺激を用いて―
2007
(平成19)
認知症予備軍を対象とした、携帯電話を用いたトレーニングプログラムの考案
「いい子」の適応過程の臨床心理学的検討 ー回想法による査定面接を通してー
母親になることで体験される4つの心理的プロセス    -葛藤と自己受容度に焦点を当てて-
死別経験による心理的成長 ーソーシャルサポートの視点からの検討ー
幼稚園児の母親愛着、自己制御機能ー母親、担任、自己認知の観点からーと母親の関わり方の関連について
院生相談員のあり方に関する探索的研究      ―教員の認識における変容過程の検討を通して―
小学校通常学級における軽度発達障害児支援の探索的研究     ー院生相談員と教職員・保護者との連携を軸にー
青年期女性における摂食障害傾向と母子イメージの検討 ー母子画を用いてー
母親の情動調律と育児不安・ソーシャルサポート・子どもの気質との関連    ―仮説的モデルの構築―
2006
(平成18)
言語的要素の結び付きと、新奇性と融合度の比較
半構造化面接によるカウンセラーの成長過程の研究
妊婦の周産期における内省機能と情緒応答性
適応指導教室という場における児童生徒の適応過程 -不登校の段階・個別性の視点からー
学生ボランタリー組織の特徴とその成長発達モデルについて ー学生による子育て支援グループにおける調査からー
学校臨床実習における大学院生の体験過程 -高等学校のスクールカウンセリング・ボランティア活動を通してー
子育て支援に携わる援助者の専門性と協働についての臨床心理学の立場からの検討
青年期の対人恐怖心性に影響を与える要因についての検討 -子の気質、子が捉える親子関係、友人関係を中心にー
快適感の心理的構造と定量的評価 -脳波の周期リズムを通じてー
20代から60代における生涯発達での結婚満足感・アイデンティティ・性役割観の関係 -女性の視点からー
集団コラージュ体験の探索的検討ー臨床心理学系大学生を対象にー
顔に関する多面的考察 ー顔情報と音声情報による性格認知の分析ー